2006-04-24

久しぶりのイベント参加

昨日は12月の 東京ガール @Star Pine's Cafe 以来の久々のイベント出演だった。
東京ライムライト サーカスさん主催「モダンタイムス Vol.2」
とっても素敵なメンバーとの共演で、ずっと楽しみにしていました。

San Fernando Mento Patrol さん、(後から録音聞いてたら「サンフランシスコ メント…」って言ってました、ホントすみません!)
Bogalusa さん、フラミンゴさん、そして東京ライムライト サーカスさん、
どのステージもそれぞれのノリで楽しくって可愛くてカッコ良くて、
リリー婦人とHIDEちゃんや387さんと1番前の方でステップを踏んで楽しみました(^ ^)/

ほんと楽しくて賑やかなテーマのイベントだってわかってて、
私たちはあえて静かめで行こう…って選曲だったんだけど、チョット静かすぎた~っていうか、最後にもう1曲くらいはこのイベントにピッタリ!な曲をもってこれたら良かったのかな~
と、あとひとつ…という思いが残ってしまいました。

1曲1曲は色々雰囲気やテンポが違ってて、考えて並べたつもりだったんだけど、実際聴いてみるとみなイントロが ゆ~っくりバラートで始まって、後からそれぞれ展開して、またエンディングがルバートで終わるってタイプばかりで、やっぱり曲調が色々でも最初と最後がどれも同じようだとダレてしまうなぁ… というのが反省点だったかな~
他のみなさんがとても賑やかで逆にゆったりしてもらえたのかもしれないけど、昨日の「イベントのテーマ」にはシリアスすぎる曲が多かった。

ライブハウスでは出来ればオリジナル曲中心でやりたいところなんだけど、よく整理してみたら、オリジナル曲には賑やかとか楽しいものより、ノスタルジックでもゆったりとかムーディなのが多いな…
それはそれでいいけど、今後は「いちばん欲しいもの」みたいな楽しいノリのオリジナルを増やしたいね~ と言っているところに、また昨日のステージだったのですね~
バランスって難しいな~

でも昨日は全体的に非常に楽しかったので、髭さんに1曲踊ってもらおうと珍しく自分からいってみたにも関わらず、ドレスが長すぎてハイヒールのかかとが裾にひっかかってしまい、失敗してしまいました~ f(^ ^;) 残念。

銀星楽団のメンバーもそれぞれ楽しんでたし。最後のセッションでのみんなのソロとか、特にリリー婦人とボガルサの伝太さんの連弾はちょっとなかなか見られないものだったと思います。

それにしても大好きなボガルサのメンバーはみんなカッコ良いな~と共演して再確認しちゃいました。

昨日はほんとうに沢山のみなさんに会えてうれしかったです、ありがとう~

録音に時間が取られるのでちょっとイベントはお休みしようかな…と思ってたんだけど、実際準備にかなり時間は要したけど思っていた以上に完成に時間がかかるので、あまり力まずマイペースに、しかし確実に進めよう…というわけで、完成は秋を予定に普段のライブ活動も積極的にやりながら頑張ろうと思いますので、よろしくお願いしま~す m( . . )m

テーマ : 懐かしい音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示