FC2ブログ

2007-01-10

急がずゆっくりと…を自分に言い聞かせる。

って、私が急いでるように見えるときって…?
今以上ゆっくりって…?と聞かれそうですが、
私は気をつけないと24時間眠って、24時間起きています。
ものごとを1つこなすのに非常に考え、時間がかかります。。
そのくせ早とちりだったりもするので周りにはよく世話をかけますが、
自分ではとても急いでいます。
ミヒャエル=エンデのデビュー作「トランキラ=トランペルト=ロイ」の、
カメのトランキラ並みです。
小学生の頃、この絵本を母から与えられて、面白く読みましたが、
この絵本に元気付けられるようになったのは高校生のころです。
今考えると、小学生が読むには文字や漢字が多かったですが、
絵が非常に美しいです。
今でも帰るとよく読みます。

そんなわけで、今年もそんな感じで初心に返ってスタートです。

今月の演奏会は…初めてのお店で、新宿に登場です。

●1月21日(日)新宿3丁目 Claudia(クラウディア)
open 18:00~、
start19:00~22:00までの間に3回のステージ
charge \1,000- +オーダー

石釜でピザを焼くイタリアンレストランです、
おいしいワインと銀星楽団の音楽で心温まる休日を!

住所:新宿区新宿3-8-4
(席数が少ないのでお店まで直接ご予約をおすすめします)
tel:03-3353-8636


ここからは長文なので、お時間あったら是非どうぞ。

報告が遅れましたが、1月2日の富山テレビのクイズ番組の生出演は、
朝10時から3時間半もの長い番組でした。
しかも入りが7時半。で終わって打ち上げでごあいさつして解散したのが午後3時。
いやぁ…さすがに疲れました。
番組の途中トイレに行くのもままならなかった。

富山出身か在住で、活躍している8チームを迎えての、富山に関することが中心の○×クイズ。
私たちも回答者チームの1組でした。
8チームそれぞれの紹介コーナーと、そのチームにまつわる問題が1つ出されます。

私とリリー婦人チームからの出題は、「黒船レディ」の由来は、竹久夢二の名画「黒船屋」から来ている。
でした。 あっさり みんなに○と答えられました。
○×じゃなかったら絶対わかんない由来なんだけどな。

私たちのコーナーが番組の最初だったので、1番目で、しかも生放送で演奏してきました。
「いちばんほしいもの」2分半でデュオの短いバージョン。
これは良かった。
私の衣装はシルクハットに黒のソワレ。
お正月らしく、ハトくらい出せればよかったかな。

しかし、クイズは非常に難しく、富山在住でも勘でなければなかなか答えられないものばかり。
ブリの成長途中の名前の順番を当てられなかったのはチョット残念。
そんな感じで全然勘が当たらず、私たちは「よしもと」で活躍中の若手芸人チーム「ハイキング・ウォーキング」さんと中盤からビリを争うことに。

結果、私たちが本当にビリとなり、「ブービー賞」をもらってしまいました。
ペアディナー券。

まぁ…目立つならトップかビリで、良かったのかしら。。。
などとのんきなことを言いつつも、番組をナマで体験したのは初だったのでとても面白かったです。

柔道で日本一をとった姉妹とか、横浜ベイスターズ入りが決まってる青年とか、発明で特許をとった小学生とか、フラワーアレンジメントとコラボするギター弾き語りの人とか、面白い人にたくさん出会えました。

富山テレビさん、ご一緒してくださったみなさん、本当にありがとうございました。
また是非お会いしたいです。

リリー婦人は、帰りにズワイガニをお土産に買って、実家へ凱旋されたそうです。なにより正月早々、遠いところかけつけてくれたリリー婦人、本当にお疲れさまでした。

こんなお正月は初めてでした。

2007-01-01

雪のお正月

070101_0256~01.jpg


あけましておめでとうございます。

つい日記がご無沙汰してしまいましたが…
今年もよろしくお願いします。

東京にきてこれで10年をすぎましたが、未だに東京で年越しをしたことがありません…
今年こそは…と思いつつ。
雪の富山からごあいさつ。
寒~い!

昨年は大きな1歩、アルバム「古本屋のワルツ」を完成させ、
全てのCD発売記念ライブを無事成功させることができました。
本当にたくさんのみなさんのおかげで。。。

心から感謝しています、ありがとうございました。

12月30日の年忘れ演奏会(@阿佐ヶ谷バルト)にも、たくさん人が来てくださって、
とっても楽しかったです。
新曲も発表できたし(特に感想聞きたいところですが)、
アコーディオン弾き語りのDANくんの飛び入りもあって賑やかでした。

新年は、もっと色んなところで演奏ができるといいな。

さてさて、こちら富山県にて、明日2日に朝9:50から富山テレビの
クイズ番組「だってすきなんだもん!2007」に、
回答者として私とリリー婦人が生出演してきます~。
富山出身者で頑張ってる人たちを集めての、なんと3時間にもおよぶ生放送…。
しかも私とリリー婦人も最初から最後まで出てます…

チョット気恥ずかしい気もするけど f^ ^;)
回答者1組ずつの紹介コーナーで、1曲歌ってきます~
宣伝になるとイイナ。
私たちのコーナーは一番最初、10:05からです。

東京では見られないので残念ですが、
富山のみなさん良かったら是非見てください~

写真は、書家である私の母(水林 玉蓮といいます)が、
アルバム発売を記念して書いてくれたものを卓上カレンダーの表紙にして、
富山ライブでプレゼントさせていただいたものです。
東京の方たちにも是非…と、とてもたくさん作ってくれたので、
先日の上町63とバルトでもお配りしました。
気に入っていただけたらイイナ。

影で応援してくれた家族にも感謝を。。。

そしてはるばる徳島県から聴きにきてくださった、
クリスタル卿のご両親にも…ありがとうございました~


みなさん、今年も素敵な1年にしましょうね。
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示