FC2ブログ

2008-05-31

印象深いお誕生日でした

前の日記からまた日が空いてしまいましたが…
CDが発売してからますます元気に活動するつもりだったのが、
まるまる1ヶ月、気管支炎のために苦しむはめになってしまいました。。。
何も手につかなくて、ひたすら自宅静養でした
やりたいと思っていたことが何にも進まなかった。
あまりこういうことは書かない方が…と思っていたけど、
たくさんの人に心配をかけてしまったので、ここで感謝の気持ちを一言。

たくさん応援してくださって本当に、ありがとうございます…!(涙)
 
体調を崩すとついついマイナス思考になりがちで、不安がってばかりなんですが
思い切って半月の間、何にもしないでしっかり休みました。
ゆっくりの時間をありがたく感じました。
1日かなりの時間眠っていたけど、幸い先日までは暖かかったので、
ゆっくり部屋のそうじをして布団もよく干し、ちゃんとゴハン作って食べたり、
少し日に当たったり、マッサージにも通って、
友達とおいしいものを食べにも行きました。
幸い食欲はとってもあります!

でも人と話すのがいちばん大変だったし
3日前くらいまでなかなか呼吸が安定しなかったんだけど、
病院にも頑張って通って、ようやく落ち着きました。
もう咳も出ません。

そして28日に誕生日を向かえました。
誕生日だったけど、どうしても31日のライブまでに良くなりたくて、
それには今日病院に行かなければなりませんでした。
それまで3週間通っていた病院があったけど、
なかなか回復しなかったので病院を変えてみたのでした。

その日、朝9時半には病院に着いていたのに、呼ばれたのはなんと午後1時!
ぜんそく やアレルギー専門の評判の良い先生で、予約が取れなかったんだけど
無理をお願いしてねじ込んでもらった為、待つのは覚悟してくださいね…と
言われてたのだけど、さすがに長かった。。。
でも、それからほんとに色々検査してもらって、丁寧に症状を聞いてもらって
今まで飲んでいた薬も変えて、更に量も減らしてくれたので、
なんだかホッとしたのでした。

でも…診察も終わって薬を受け取って病院を出た時間は夕方5時…!
誕生日の大半を病院で過ごしてしまったなんて…今年はツイてない…
なんて考えを振り払うように、友達と待ち合わせている吉祥寺マンダラ2に急ぎました。

大好きな くものすカルテットジョン(犬) さんのライブを観に行きました。
懐かしくも、4年前にこのマンダラ2で、銀星楽団のイベントでお二方と共演させてもらいました。
その時がお二方の最初の出会いだったのは以外だったけど。
あの時私は主催に手いっぱいで色々やり足りなかったことが多くてクヨクヨしてしまったけど、
またこうやってお二方の共演を、今度は観客として存分に楽しめて感激でした。

今年くもカルさんは結成10周年で、それを祝う演奏会だったので
自分が誕生日なのもあってとにかく久しぶりに嬉しくって、まだはしゃぎ過ぎてはいけないと
気持ちを抑えていたのですが、このお二方を観ていてなかなかそれは難しかったです。
私はマスクをしてゆらゆら頭を揺らしていたので
(ちなみに帽子もかぶっていて、昭和初期の看護婦さんみたいな様子だった…)、
ちょっと気味悪いヒトっぽかった気がするけど
とても熱いというか、もけもけした…というか、おめでたいHappyなパワーを
たくさんもらって元気が出ました。

興奮冷めやらぬ会場を後にするのはいつもちょっと寂しいけど、
ライブハウスは煙たいので早々においとましました。
楽しかった~
…ふぅ。
長い1日だったけど、今までにないタイプの誕生日で印象深かったです!

今は毎日肺活量を計測しています、まだ検査が続いているので。
今日はもうずいぶんと状態が良くなって呼吸も楽になってきました。

歌えないのが苦しく、歌うのも怖い…と思う瞬間があって
その後に歌えた時の感動は何にも変えがたいです。
身体を大切にしなければ。。。
そういう時いつも支えてくれる周りのみなさんに感謝してもし足りないのですが
やはり気持ちよく歌えることが何よりの感謝になるのかな。

今夜は阿佐ヶ谷バルトでのCD発売記念演奏会です♪
元気に歌いたいと思いますので、是非ともいらしてください。
お待ちしています

2008-05-04

売り場(こっそり)見学♪

みなさん連休はいかがお過ごしですか?
私は今日から3日間静養に…仕事もしながらですが…長野に行ってきます。
最近ずっと気管支の調子が思わしくないので…
しっかり治したいなぁ。。。
新幹線が朝早いのに、まだ色々メールの返信とか作業が終わらなくてちょっと泣きも入ってたりしますが。
あとちょっと…

あ、もう…新しいアルバム買っていただけましたか…?
そして…聴いていただけましたか…?ドキドキ。
感想をくださったみなさま、ありがとうございます
色んな感想…ためになりますー
近いうちに曲ごとの紹介などもっとアルバムについて詳しく…裏話とかも?
ここで書けたらな~と思っています。

まだ手に入れてない、聴いてないアナタ~!
3日前にMY SPACEを立ち上げて(プロフィールとかまだだけど)、
http://www.myspace.com/kurofunelady
やっと…試聴できるようにしたんでどうかひとつ、お願いします。
売り場を盛り上げてやっておくんなまし。

自分でもこっそり?売り場をもりあげようかと思い…
先日からリハの帰りやライブ前に近くのCDショップをのぞいてみたりなどしてきました。
なんか、密かに好調…?
080501_1941~01
                    080501_1940~01
これは↑渋谷HMVの5F、Jazzフロア。試聴機入りで、おっきな看板付きのコーナーが…おぉ~
なんと、ビックリ。看板の裏から灯りも点っているよ~
なんか他人事みたいに見えてしまう変な感覚が。。。
今回もいちおう登録されているジャンルはJ-POPなので、
ほとんどのお店ではJ-POPのコーナーにしかないと思うのですが、
この渋谷HMVではJazzフロアでの展開。
なのでここでは1階のJ-POPコーナーには置かれていないのか…とウロウロしていたら、
はた…と目が合った人がいて、だれだっけ…??と、無意識にあいさつしそうになり、
…数秒止まって考えていたら、ふかわりょう …だった


080425_1958~01
                    080425_1959~01
こちらは↑レコファン新宿PePe店!うれしいコーナーを作ってくださっていたなんて。
よくイベントでご一緒するDJ、M氏のお手製巨大ポップ付き!
M氏…前作といい、今回も…あたたかい応援ありがとう~(泣)

その他にも新宿タワレコをはじめCDショップいろいろ立ち寄って見ているのですが、
大きめのところでは面出しポップ付きでありがたき幸せであります。
是非みなさんもお店に行ってみてくださいな~
フフフ…となりますから!
だいたい確実にあるのはタワレコとHMV、レコファンで…
あとは、原宿のHi-Fi Record Store

お店の人に「黒船レディと銀星楽団ありますか?」ってどしどし聞いてしまってください。
見つからなかったら、「なんで!なんで入って無いんですか」って言っちゃってください。
気の長いお優しい方はご注文してやってください。
どうかよろしくお願いします… 


今度の演奏会は、5月10日(金) 横浜は馬車道の上町63にて。
緊急決定!!とっても素敵なゲスト、アフロ博士(石川 周之介 氏) on Flute & Tenor Sax が登場します!
是非ともお見逃しなく、お待ちしています♪
演奏会の詳細はコチラ

ではでは、みなさん、気をつけて素敵な休日をお過ごしください~

2008-05-01

アルバム「黒船レディと銀星楽団」♪楽曲解説♪

1.C'est Magnifique 
コール・ポーターの隠れた名曲で、フランス語で「それって素敵!」という意味のタイトル。
ジプシー・スウィングでは定番曲で、ケイ・スターや美空ひばりも歌っている。
黒船レディに続いて「ウーラララー」と歌うと幸せがくるという縁起モノナンバー。

2.ダンシング・シスター ~ I’m In The Mood For Dancing ~
80年代ディスコ・サウンドが大好きな黒船レディにとっては、歌いたくてたまらなかったこの
キラー・チューンをビッグバンド系スウィング・アレンジで挑戦!
「トムとジェリー」のトムをイメージしたリリー婦人のホーン・アレンジが冴えています。
「ものスゴい銀星楽団」をご堪能ください。

3.そよ風の誘惑 ~ Have You Never Been Mellow? ~
オリビア・ニュートンジョンの名曲。80年代TVドラマの主題歌として日本語でも親しまれている。
「誰にだってあせる時期はあるけど、ちょっとスローダウンして、
自分自身の中から癒しをみつけてみたら?」
という詩の内容があまりに黒船レディの声にぴったりだったので、歌詞に沿ったアレンジにしました。

4.Bandoneon
バンドネオンという楽器はタンゴを演奏する楽器だが、
リリー婦人の勘違いで曲調はフラメンコやジプシーの香りに…(笑)。
則包桜氏のパーカッションにより、踊り子たちの姿が目に浮かぶような映像的なサウンドに仕上がりました。また、切なく希望を求める歌詞がこれらと対照的で不思議なバランスをとっています。

5.Lunchon Box
濃い曲が続いたのでここらでひとやすみ…。


6.Doop-Doo-De-Doop (A Doodlin' Song)
カフェ・アプレミディ等で大人気のブロッサム・ディアリーやペギー・リーの歌が有名。
他愛もないおしゃべりがそのまま歌詞になったようなジャズ小唄。
思わず微笑んでしまうくらい黒船レディとソルトリバー伯爵の声が絶妙な相性をみせています。

7.Make Up ! Swing
ライオネル・ハンプトンと一緒に若きレズリー・アガムスが「Flying Home」を歌っていたイメージ。
愉快なドタバタ感をthe fascinationsの渡辺雅美氏(vib)が見事に演じてくれました。
急いでいながらも女の子特有のわがままペースな歌詞が印象的。

8.Amapola
世界中で愛されている名曲に、恐れながら日本語詞をのせました。
メンバー全員がゆったりと優雅に演奏していてなんとも気持ちいい。
黒船レディのエレガントで胸に迫る、極上の中音域をたっぷりとお楽しみください。

9.Collage
シティ・ポップを意識した極上のアーバン・メロウ・ソウル。
心地よいギター・カッティング、切なさを湛えたトランペット、浮遊感あふれるヴィブラフォンの滑らかなオブリが、カラフルで爽やかな雰囲気と切なさを同時に表現しています。

10.忘れもの ~ Do You Know What It Means To Miss New Orleans? ~
映画「New Orleans」(1947年)の中でルイ・アームストロングとビリー・ホリデイがデュエットしていた曲。
黒船レディがこの映画に共感をおぼえ、身近な感じで故郷を思った日本語詞をつけました。
ソルトリバー伯爵のロマンチックなギター・ソロに聞き惚れてください。

11.Holiday
リリー婦人の可愛いメロディに、黒船レディが「ソルトリバー伯爵のドライブ・シーン」をイメージして
歌詞をつけました。アコースティック・ギターのカッティングが気持ちよく、フルートがぽかぽかした天気の良い休日を感じさせます。

12.Introducing Silver Stars Orchestra
場面転換のスキット。古びたフィルムで映し出された昔の中国アニメーションの中で、
人形になったメンバーがテケテケ踊っているイメージ…。
現在はライブの合間のチェイサーとしてよく演奏しています。

13.夜来香(イエライシャン)
1938年に李香蘭(りこうらん)が歌い日中で大ヒット。
92年にはテレサ・テンが日本語で歌ってリバイバル。
黒船レディはこの2人の大歌手が好きで、銀星楽団結成当初から演奏している曲。
失恋になげく乙女を夜来香という名の可憐な白い花にたとえた歌だが、ちゃんぽん好きな銀星楽団らしいファニーなアレンジで、黒船レディの歌声がくすぐったく心地よい仕上がりに。

14.亡き王女のためのパヴァーヌ ~ Pavane Pour Une Infante Défunte ~
モーリス・ラヴェルの名曲。
初のクラシック・カヴァーに挑戦した自信作!
東洋を思わせるメロディとアレンジ、歌詞がうまくからみあった、一つの物語のような仕上がり。
情景を浮き上がらせる則包桜氏(per.)の「音の魔術」がひそかな聞き所です。

15.Wrap Your Troubles In Dreams
「空が曇っていて灰色でも、そんなのはせいぜい1日くらい、雨の後には必ず太陽がてらすものさ、
だから悩みは夢に包もう。心配事は忘れ去って夢をみよう。」という素敵な歌詞で、
結成当初から大切に演奏してきました。
多くの人に歌われていますが意外に知られていない、隠れた名曲です。

16.Gumbo!
“ガンボ”はニューオーリンズの郷土料理ですが、フランスやスペイン、カリブ、西アフリカなど
色々な地域の影響がごった煮になっているそうで、まるで色々な国の音楽が混ぜ合わさっている
銀星楽団のようでもあります。黒船レディはこれを歌うと必ずといっていいほどお腹が空きます。


プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示