FC2ブログ

2008-10-21

さて!いよいよ…♪

1度に何日分もの日記をまとめ書きしてスイマセン。。。


これを1番に書かなきゃならなかったのです本当は!


いよいよ!24日、25日と阿佐ヶ谷ジャズストリートです♪

みなさん是非遊びにきてくださいね!
お待ちしています。


●10月24日(金) 阿佐ヶ谷 バルト
 ~阿佐ヶ谷JAZZストリート2008~ 1日目

【時間】開場 18:30~ 開演 19:30~
【料金】前売\2,500- 当日\3,000- (+ドリンク代\500-別)     
    ※共通パスポートをお持ちの方も前売り料金でご入場いただけます
【場所】東京都杉並区阿佐ヶ谷南2-21-9
     TEL:03-3315-0751
※全席自由、小さなお店ですのでお早めに。
前売りのご予約はお店へ直接電話にてお願いいたします。

★黒船レディと銀星楽団メンバー
水林 史(Vo)、廣田ゆり(Pf)、塩川俊彦(g)、玉木 勝(b)

♪フォークソング好きのマスターと、みんなで肩を寄せ合ってわきあいあいと。
超至近距離でお楽しみいただけます。



●10月25日(土) 河北総合病院看護専門学校講堂  
 ~阿佐ヶ谷JAZZストリート2008~ 2日目

【時間】① 14:00~14:45 ②15:15~16:00 (開場はそれぞれ開演の30分前です)
【料金】入場には共通パスポートが必要です、詳しくは →こちら     
【場所】東京都杉並区阿佐ヶ谷北1-6-25 →地図

※全席自由、ご飲食はできません。

★黒船レディと銀星楽団メンバー
水林 史(Vo)、廣田ゆり(Pf)、塩川俊彦(g)、玉木 勝(b)、大澤公則(Ds)

♪阿佐ヶ谷Jazzストリートのパブリック・スペースでの演奏は初めてです、
 貴重な昼間の演奏会なので、お子様とも是非ごいっしょに!

※お子さまは、小学生以下は入場無料のようです。
詳しくは阿佐ヶ谷ジャズストリート実行委員会 (TEL:03-5305-5075) までお問い合わせください。




2008-10-21

縁は異なもの 2

081003_1744~01

前の日記の続きです。

先日、台湾に行ってまいりました。
私の母は書家なのですが、日本と台湾の現代書道家の交流展覧会に出展したため、
一緒に交流会に参加してきました。
久しぶりの海外、台湾は初めてでした。

私も高校までは書道をやっていて、日中の子ども書道交流会で
初めての海外旅行は20年前の中国だったのを思い出して懐かしくなりました。
今は、手書きすることは好きだけど書道は長いことやっていません。

書道のツアーなので、漢字の起源や歴史に関する講義を聞いたり、
甲骨文字などをはじめ書に関する博物館をめぐる真面目な内容だったのですが、
日本全国から大勢の代表が参加しているツアーなのに、なぜが私たちだけ個人行動だった為、
台北だけなのですが、現地のガイドさん付きで有名な観光名所にも色々行けたので楽しく、
すごく勉強にもなって、短いながら素晴らしい旅でした。

訪れた場所それぞれの感激をめいっぱい、山ほど書きたいところですが、
いちばん嬉しかったことは、やっぱり出会いでしょうか。

私たちに毎日付きっ切りで案内してくださった若いガイドさんの名前が、なんと…♪
「史」シさん でした。
史 佩艶 (シ ハイエン)さんという素敵なお名前の、とっても可愛い女性です。
(↑写真中、場所は陽明山、中山楼
史 という苗字はもともと中国からのものなのだそうですが、
中国でも台湾でもとても珍しい名前だそうです。
私の名前も、苗字もさることながら一文字で史は日本名でもなかなか珍しいです。。。
史さんも私の名前をツアー客名簿で見て、苗字と名前ではありますが
面白いめぐり合わせだと思っていたそうです。

書と漢字のお勉強ツアーだったので、なんだかウフフ♪です。

史さんの控えめで優しい、でもとても艶やかな雰囲気のあるお人柄が
すぐ好きになりました。
史さんがとても日本語が上手だったので、私はつい頼って日本語で話してしまい
なかなか中国語が出てきませんでした、情けない…。
史さんが居ない時は下手でもとっさに思い出せる限りで頑張りましたが、
台湾の言葉は北京語と微妙に発音が違うのですね、
同じだったとしても、10年近く使わずにいるとサッパリでした (涙)

史さんと夜2人で台湾の足つぼマッサージに行ったのが楽しかったな。
今度はプライベートで会えるといいな、と思います。
ジャンクなところにももっと行きたかった。。。
せっかくなので、自由時間に行ってきた九分の写真を数枚。
ここは、ジブリの「千と千尋の神隠し」の街のモデルになったといわれている茶館がたくさんある所。

081004_1754~01 081004_1700~01 081004_1708~01 081004_1617~01

帰って来て、たまらず中国語の電子辞書を買ってしまいました。
勉強し直したいです(T T)

でも、「夜来香」を聴いてもらえて非常に嬉しかった。
台湾は  麗君 (テレサ テン)の故郷です。。。
台北だけでしたが、とても美しいところでした。 

「何日君再来」 を久しぶりに口ずさみながらの日記。   

謝謝。



2008-10-21

憧れのヘアスタイル

081015_0259~01

最近 (と、いってもこの1ヶ月で) あった事。

髪型を4年振りくらいに変えてみました。
この4年間(↑写真の感じ!)飽きもせず同じ髪型でやってまいりました。
ミステリアスな おかっぱボブのサラサラヘアーは、中学・高校の頃から憧れの髪型でした。
この数年は、髪質が幼少の頃のようなサラサラ髪に戻った為
(トリートメントやパーマやカラーリングしてなかった)、
憧れていた髪型になっていたのでした。
ミステリアスではありませんでしたが。

たまたま読んでいた雑誌にあった写真の髪型にとても惹かれて、
久しぶりに思い切って変えてみました。
ちょっとモダンなマッシュルームカットに。
私の風貌だとセットの仕方によっては全然モダンに見えず、キワどいです。
ある意味小学校入学の時の髪型と同じです…
でも服装などでイメージがすごく変わって見えるので、難しくもあり、気に入っています。
そのうち写真撮りますかしら。

今は髪型変えてしまいましたが(そのうちまた戻るかな?)、
この写真の人形は、実はボールペンです。
横浜の赤レンガ倉庫で見つけました、面白いから3本も買って友達にもあげました。
私にあまりにも似過ぎていて、怖いくらい。黒船グッズにした~い!!!
フランスからの輸入雑貨のお店、プチコキャン!というところのです。
ガールズ・ペン、世界の美女(!)シリーズらしい (笑)
ネットでも購入できるんですね、替え芯もあり気が利いてる。
他にも踊りだしたくなるような楽しい雑貨がいっぱい♪
お店の名前やコンセプトが銀星楽団にもとても通ずるものがあり、感激。。。


あ、つい、1つの話が長くなってしまいます…


最近は、はり・きゅう&足つぼ にハマっていて、毎週通っています。
今まで何人か出会った先生がいますが、なんともバッチリ自分に合う先生をみつけました♪
以前から気になっていた場所でしたが、首を痛めて駆け込みで入ったところが
そうとう効きました。

何度か通っているうちに、先生と少し話すようになったら、なんと!
先生は、我が銀星楽団に参加してくれている いたにょん閣下 のお友達で、
お2人の6年ぶりの再会にも繋がったのでした。
世の中狭くて広い、不思議なご縁です。

以前からこういう偶然がある度に思い出す曲で、
「縁は異なもの」~ What a difference a day made ~ という有名な曲がありますが、
この曲の歌詞は恋愛の内容だけど、ものすごくよく出来た意訳邦題だと思います。
今までの出会いや再会、起きた事の1つひとつ全てが偶然であり、必然でもあり、
大きくても、ちっぽけでも、人生はまさに奇跡で出来ている。 と、毎回思います。
言い尽くされた言葉ではありますが。


つづく…






2008-10-01

今「レコ直♪」で特集してもらっています。

こんにちは~今日からもう10月ですね、
急に寒くなってビックリです。
パソコンの調子が悪くて(風邪かな?)手短にしか書けなくてスイマセン。

今週金曜くらいまで、レコ直♪(ケータイ)のジャズサイト「a tempo」のクラブジャズ特集に
黒船レディと銀星楽団を取り上げてもらってます~!!
是非見てみてくださいね♪♪♪
こちらはケータイサイトなので、PCからURLをケータイへ送りたい方は→こちら
からどうぞ!
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示