FC2ブログ

2011-09-30

09/29のツイートまとめ

kurofunelady

ブルガリアンヴォイスが日本公演やるって今日知った…!託児所ありだって、行きたい~!!
09-29 14:10

2011-09-28

秋のライブ予定お知らせします♪

もう9月も終わりそうですが、やっと秋のライブの詳細が出たのでお知らせいたします♪
10月は girafe で2本やります。
楽しみ~!是非いらしてください。


10月7日(金)下北沢 mona recoads 

【出演】 MIKI A LA MODE / 9×9 / ソシテアルイハ / girafe

【時間】 open 18:30 / start 19:00 (girafe は4番目の出演、21時半~)

【料金】 前売¥2000 / 当日¥2300 (オーダー別途)

※カフェ・アコースティック・ポップミュージックの登竜門的存在のモナレコードさんに初出演。只今 girafe の1stアルバムをHP上でもピックアップしていただいてます♪(私の参加以前の音源です)
ごはんが美味しいことにも定評がありますょ!(注:ライブスペースと食堂は別の階になっています)




10月15日(土)千歳烏山 TUBO  ~ うたげの日vol.7 ~

【出演】 girafe …佐藤有介(bass,ets)中嶋錠二(piano)水林 史(vocal)
lx+ (ルクスプラス) …侘美 秀俊(pianica)南保ひとみ(piano)波田 生(viola)

【時間】 open 18:00 / start 19:00 
※お店のHPで通常はstart19:30となっていますが、この日は19:00~です!

【料金】 ¥2500(オーダー別途) 

※girafe リーダー佐藤有介 主催「うたげの日」は、新しい表現活動を探求しているアーティストが集う、音楽・芸術イベントです。アーティストもオーディエンスも、参加してくださるすべての方が創造の現場をリアルタイムで体感・共有するひととき。クマさん特製の美味しい料理やお酒も楽しみながらどうぞ♪



それぞれのライブについてご予約・お問い合わせは各店と
girafe@asanokirin.com で承っておりますが、
私に直接ご連絡いただいてもお受けいたします。
kurofune-lady★info.email.ne.jp(★を@に変えて送信してください)


直前のお知らせとなってしまいましたが、たくさんのご来場おまちしております♪




2011-09-16

09/15のツイートまとめ

kurofunelady

日付変わっちゃったけど。今日はgirafeのリハーサルで新曲作った。久しぶりに作詞担当~
09-15 01:26

2011-09-10

秋の夜長

まだまだ残暑が厳しそうですが、空はすっかり秋です…。


娘と一緒に寝てしまう日もありますが、涼しくなってきた夜を有効利用したいものです(今夜は寝苦しいですけどね…)。


作詞に取り組んだり、読書したり、手紙やメールを書いたり。
明日のお昼ごはんの準備も忘れぬよう…


今夜は寝る前の娘に、破れた絵本を直すところを見せていました。
自分で破っておきながら、破れを気にしていたので…
最近私のお化粧の動作を真似るので、スティックのりをリップクリームみたいに口に塗ろうとしてて困りました。
確かに全く同じ造りだから違いを教えるのが難しいです…


娘を寝かせてから、相方くんに番を頼み、近くの行きつけのマッサージ店へ。
しばらくの疲れがたまっていたので本当に涙が出るような心地よさでした。
カブに乗って行かないといけないくらいの距離はあるので、月の綺麗な夜空を背に走るのもリフレッシュの1つです。


帰って来てバイクから降りてふと、隣の家の植え込みが大きな兎の形にカットされているように見えてビックリ。
2本の木が並んでいたのが角度で違って見えただけでした。
大好きなティム バートンの「シザーハンズ」を思い出してクスリ!(^^)!


玄関先で、新しく購入したベビーカーが届いたのが置いてあるのを見てチョット嬉しい(1ヶ月弱の間、実家に行ってて使わないので大事にカバー掛けて軒先にしまっておいたら、帰ってきてもの凄いカビだらけになっていた為)。
家に入って娘が静かに寝ていてホッとひと息。
私と一緒に入って来た蚊をやっつけてスッキリ(^_^;)
ホットコーヒーもいつもよりゆっくり入れて日記。


オッパイに起きた娘を再び寝かせたら、作詞の続きをしよう…
豪雨の次は日照り続きで極端過ぎるお天気。
優しい秋雨が恋しいなあ…


いい夜です。

2011-09-02

夏の思ひ出

9月に入って最初にしたことは…
美容室に行ったことです。
長年微妙に変化しているだけのショート・ボブ スタイルですが、
癒しの時間なのでいつも楽しみです。
でも今回は娘と一緒にカットしに行ったため、彼女の機嫌を損ねないようにする方が大変であまりゆっくり出来ませんでしたが
(プロフィールの写真は現在かなり前のものを使っています気まぐれですいません、気が済んだら変えます)



各地の台風の影響も気になるここ数日ですが、
みなさんのところは大丈夫でしょうか??
台風が行ってしまっても引き続き残暑が厳しそうですが、
今年の夏休みのささやかな思い出を綴っておこうかな~と思います。



8月は3週間も実家(富山)に帰っていましたが、富山もそうとう暑かったです。
しばらく じーちゃんばーちゃんと過ごした娘は、すっかりなついて言葉や出来ることも急激に増え、目を見張る速さで成長し続けています。
1歳半になりました。
じーたん、ばーたん、おとーしゃん、おかーしゃん、とその他一人称を呼び分けられるようにもなり、初めて歌も1フレーズ歌えるように
「ぞ~うさん、ぞ~うさん♪」です!



お盆に高校の同窓会がありました。
十数年ぶりにたくさんの懐かしい顔に会えて嬉しかった~
みんなあまり見た目変わってなかったけど、太ったひとは多かったかも?
みんなと思い出話がつきずに分かれるのが惜しかったです。
高校時代の彼も来てましたが、あの時好きで良かったな…と今も思えてよかったです(笑)
なんで好きだったのかサッパリ!?っだったらちょっと残念だし。



娘と生まれ月が3ヶ月しか違わない子を持つ友人と、震災直後から宮城県へ救助活動に行っていた自衛官の友人がそれぞれ金沢から遊びに来てくれた。2人とも富山出身で、高校時代に海外を一緒に旅した仲間。
今はそれぞれを取り巻く環境が違ってるけど、貴重な話をたくさん聞けた。
娘も友達が遊びに来てくれて大興奮♪良いとこ見せようと張り切っていた。
こうやって元気で会える事に感謝しました。



東京にもどる直前に、私の祖母の生まれ育った長野県白馬村に行って先祖代々のお墓にお参りしてきました。
古く時代が分かるものは寛永とか天保とかあったんでビックリ
さらにそれより古い時代のものは土葬で、土葬の上に石が置いてあるお墓もありました。
いったいご先祖さまはいつ頃から続いているんだろう…?
白馬はどのお墓にも楊枝などでちゃんと脚をつけた野菜が供えられていました~
亡き祖母にそっくりな祖母の妹であるおばあちゃんが迎えてくれ、お蕎麦もご馳走になりました。
祖母の小学生時代の話をきいたりして、なんだか久しぶりに祖母に会ってきた感じがしました。。。


車で白馬から長野市を経由して、軽井沢へ向かいました。
長野市は善光寺の近くに親友が住んでいて、会いたかったけど予定が合わず連絡をとっただけ。
でもとても元気そうで楽しい日々を送っているのを聞いて嬉しかったです。


軽井沢へは、ちょっと手前の小諸市で高速を降りるのだけど、
長野には昔からたくさん来ているのでここも数回訪れてますが今回は通っただけ。
小諸市はギタリストの友人の故郷です。
車窓から「塩川農園」とか看板が見えたので、実家はこの近くなのかしら…?
と思ったり(注:彼のうちは農園じゃありません~)。
とても緑が美しいところなのでした。
富山とも東京とも違う緑です、そんなこといったら全国どこも同じ緑色はありませんが…



身近な人や友人など、大好きな人々を育んだ場所を訪ねるのっていいですね~
気持ちがほっこりします。。。
本人がそこに居なくても、その人の香りがしますよね。
べつに田舎である必要はなくって、故郷のような場所はどこでも。
もしかして当たり前で年寄りくさい事言ってますか…
よく著名人に縁の地めぐりツアーとかみんな行くものね…
でも身近な人というのはもっと強い感覚かな。



軽井沢でしばし過ごして、新幹線で東京に戻りました。
なんて余裕の夏休み!?と思われそうですが、常に娘を気にしながらなので余裕は全くありませんでしたけどね



そのうち、また別の友人が住む岩手県にも行ってみたい。
その時は一緒に演奏できるといいなぁ。



行きたいところは全国どころか世界にまで及んでしまうのですが。
いつか行きたいと思います。




もうすぐ秋のライブのお知らせも出来そうです♪
詳細出るのが楽しみです。













プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示