2013-01-01

明けましておめでとうございます

DSC_0879.jpg


みなさん、あけましておめでとうございます。
昨年は富山に引っ越してきて色々と慣れなければならないことがある中、ゆっくりと音楽活動も前進させることができ、新天地でよいスタートを切ることができた年でした。
たくさんの方々に応援していただき、本当にありがとうございました。
今年は、子育てもがんばりつつ、昨年レコーディングした音源をより良い形で発表できるように取り組みたいなと思っています。
それに伴ったライブも今から楽しみです。


子育てを通して日々考え方が変わって(成長して)行く中で、音楽以外にも新しい取り組みもしていたのですが、まだまだ先は長くて(深くて)娘とともに自分の感じ方をこれからもっと成長させたいと思うこのごろです。
昨年作詞したものも、自ずと子ども目線で書いたものばかりでした。
今はきっとこれが大切なんだろうな。


昨秋はあっという間に過ぎて、クリスマスに大雪になることは私が子どもの頃でも稀だったのに、一昨年くらいから初雪で大雪の冬が続いています。
まだ12月のうちから雪遊びを楽しめるのは嬉しいのだけど、こう大雪が続いたりすると昔からよく知っている故郷じゃない土地にでも越してきたかのような気分になってしまいます。
でも、やはり雪国育ちの私としては、どんなに寒くて雪かきが大変でも雪の美しさにうっとりする事に勝るものはないくらい雪に心うばわれる日々です。
娘も今年はしっかりスノーブーツとスキーウェアをそろえて雪あそびを満喫するつもりです。


しかしながら11月初旬にひいた風邪が引き金で、ひさしぶりにぜん息の発作が顔をだしたと思ったらとうとう年をまたいでも完治せず、これまでで最も長くひきずってしまいました。
そのせいで時間ができたら極力休むべし!といった具合で、昨年中にブログ更新できないまま年が明けてしまいました。
富山に引っ越してからもう2週間ほどで丸1年になります。
ぜん息に関して言えば、東京の阿佐ヶ谷にとても相性の良いお医者さんが見つかって長い間お世話になっていたのだけど、富山ではまだ見つかっていないという感じかもしれません。
(ちなみにマッサージの先生も!)
良くなりかけてはまた悪化の繰り返しで困りました。
そのせいではないはずなんだけど、娘はクリスマスにサンタさんから「お医者さんセット」をもらって、私を治してくれようとします(涙)
娘は将来今のところ、お医者さんと、飛行機のおねえさん、フィギュアスケーター、アイスクリーム屋さんになるんだそうです。忙しそうだなぁ(笑)


そんな娘も2月末には3歳になるのですが、昨秋七五三のお祝いをしました。
着物は帯もしっかり着けたので(3歳の時は帯は着けないで被布という袖なしのようなものを着る方が多い)重たくてイヤイヤと言っていたけど、参拝する神社に着いたらたくさんのちびっ子が着物姿で集まっているのを見てやる気を出し、最後までしっかり着ていてくれたので意外でびっくりしました。
でも歩きにくいから抱っこを常にせがまれ(しかも私指名で)、私も着物を着ていたので着崩れはするし大変で疲れました。
あんまりライブ以外の自分の写真は載せたくないんだけど、面白写真(秘蔵?)を並べてみました。


DSC_0883.jpg    DSC_0880.jpg


左の写真は私が3歳、七五三の時の写真です。母がこの頃着ていた着物を譲り受けていたので(実は「ギヤマン」の袴の女学生風ステージ衣装にも使っていた・笑)、娘の七五三でも同じのを着ることにしました。
右が現在の写真、帯も一緒です。残念ながら私が子どもの頃着ていた着物は妹や従妹にお下がりに行き、もう使えなくなっていたので新しいものですが、帯や髪飾りなどは私が着けていた物です。
30数年後に自分が母の着物を着て、娘の七五三で同じ場所で写真を撮ったので、ちょっと並べてみました。
もらった千とせ飴も風船も、昔と全く同じでした。
今年も引き続き多くは娘の成長を見守る日々だとは思うのですが、春から娘も保育園だし、私の環境もまたガラリと変わる予定なので、心して新年を迎えております。



さて、明日はどんな初夢が見られるでしょうか?
あなたは初夢に誰に登場して欲しいですか?
新年もあなたがとても幸せでありますよう、歌に乗せて…心よりお祈りしています♪
どうぞ宜しくお願いいたします。








2013-01-01

クリスマスに読んだ絵本(下書き中)

今年クリスマスの前後に毎日のように読んだ絵本たち。


DSC_0840.jpg


DSC_0839.jpg


DSC_0835.jpg


DSC_0834.jpg


DSC_0833.jpg



プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示