FC2ブログ

2011-03-12

眠れないので地震日記

みんなの無事が以前心配だし、東北方面の壊滅的な状況には胸が苦しく眠れないので、ラジオを聞きながら今日のことを日記に書いて少し気を紛らわせよう…


今日はたまたま相方くんがお休みだったので、娘を連れて新宿に買い物に来ていました。
買い物を終え、娘もベビーカーでお昼寝しているし、相方くんは仕事場にちょっと用事がある為いったん別れる前に一服…と、15時頃カフェでお茶をしていたら…


気持ち悪い揺れが…
靖国通り沿いにいたので大きな車が通って揺れてるのかな?
と何気なく窓の外を眺めたら信号が揺れ出し、久しぶりにちょっと地震が来た…
と思った途端に大きな揺れに。


ベビーカーを抱えて混雑したカフェから飛び出しました。
ガラスとか看板とか何か落ちて来ないか上を見上げたら、
今いたビルがぐんぐん揺れていて非常ベルの音などが鳴り響いていました。


気持ちが悪くなり、恐怖と揺れで吐き気がするような感じでした…


あちこちからラジオやテレビのニュースの音が飛び込んできて
震度や震源地を知り、とにかくすぐ目の前の駅に向かってみましたがもちろん電車は止まっています。
更に揺れは続いて不安なまま、電車が動くまでしばらくは安全そうな場所にいよう…
とコンビニで水やおにぎりや傘を買いつつ(すでに長蛇の列)実家の家族に無事をメール。
相方くんのドコモは混線で全く繋がらず、私のauは何とか無事送受信できたけど…

駅からも出されてしまい、娘もようやく目をさましたけれど、だんだん陽がかたむき風も冷たくかなり寒くなってきて、
あちこちと歩きながら安全で雨風がしのげそうな場所を探して
公共の建物に入って待つことにしました。


既にたくさんの人がいて、何とかトイレも借りれて少し落ち着けて
隣りにいた1歳の双子ちゃんと3歳のお姉ちゃんを連れたお父さんと少し話す…
3人ともお利口さんで、仕事から帰ってくるママとの合流を待っているそう。

特にお姉ちゃんはうちの娘とオモチャで遊んでくれて、みんなグズりもせず持っていたおやつを食べながら不安な数時間をやり過ごしました。


まだ電車は動いていません…
すっかり陽も暮れて、さすがにお腹が空いてきた子どもたちが落ち着いていられなくなってきて、
3人姉妹のママもやっと合流できたところで、とにかく何か食べさせなくちゃ…と、それぞれその場を離れました。


外は相変わらず大混雑…
閉めてしまっている店も多いし、やっていてもすごく混んでる。
ちょっと並んで何とか夕飯を食べしばらく暖をとりつつも、オムツが無くなってしまってやむなく外へ。


電車が未だ動いていないので、どこかでオムツを買ってどこかホテルに泊まるしかないか…と思ったけどどこも満室でロビーにも毛布を借りて座り込んだ人で溢れている。
喫茶店やカラオケも。


夜8時…どんどん風が強く吹きつけてきて凍える寒さになってきた。
雨が降っていなかったのは本当に幸い。
でもこのままでは娘も凍えてしまう…
凍える夜に小さな子どもを連れて何時間もうちまでの道のりはとても歩けないし…


通りはどこも大混乱してベビーカーも押しつぶされかねないので、
グズり出した娘を抱っこヒモでしっかり抱きしめ、臨時バスやタクシー乗り場には行かずに、
タクシーの空車は流れて来ないのは承知で大通りの途中、大渋滞でゆっくりしか動けないのを幸いと道路の中まで出てタクシーに相乗りさせてもらえないか聞いて回った。


行き先を聞いて方向が全く違うからと数台断られたけど、
「渋滞しててもいいならどうぞ!」と言って乗せてもらうことが出来た。

子連れで寒い中歩き回って大変だったでしょう…
運転手さんと乗せてくれた40代の男性が優しく声をかけてくださった。
赤坂から歩いて新宿まで来たけど足も痛くなってしまってやっとタクシーをつかまえたのだそう。新宿はどの道も大混雑で、車も歩く人も溢れてなかなか動かない。


それでも暖かくてありがたくて涙が出そうでした
グズっていた娘もしばらくしたらスヤスヤと眠りだしました。


新宿を抜け出すのに1時間弱…でもまだまだ続く大渋滞を、運転手さんとその男性は本当によく裏道をご存知でみるみる進んで行き、自宅近くまで約2時間で着くことが出来ました。


車中たまっていたメールがどっと入ってきたり、電話がかかってきたりとにかくお互いに会話は少なめだったけど、
少し話したその男性も、息子さんが学校から帰れずまだ奥さんも息子さんに会えていなくて、心配で胸中穏やかじゃないはずなのに、
明日はきっと魚がスーパーに届かないね…とか、娘さん寝てくれて良かったね…とか落ち着いて話しかけてくださって、外にはたくさん人が歩いているのを見て申し訳ないと思いながら、私たちは本当にありがたくて一言一言をかみしめるばかりでした。


荷物も多く、お金を払ってやっと降り…とにかくお礼を何度となく言っているうちに男性のケータイが鳴り、それじゃ!という顔で直ぐにタクシーを発進させてあっという間に行ってしまいました。


家は少し物が落ちたりしているだけで無事でした。
ガスも電気も止まっておらず…
娘をそのまま寝かせることが出来ました。


帰ってからも緊張で気分が優れず、そのままうずくまってしまいました。

余震はまだ続いています。


日付が変わろうとしている頃ようやく少し連絡もとれ、ブログを書いたり出来ました。


ネットで被害状況やまだまだ続く都心の大混乱を知り、こんなに早く家に帰ってこれたのは本当に幸運だったんだなぁ…と改めて思いました。


相乗りさせてくださった男性に、せめて名前か名刺をいただいておけば良かったのにね…
と相方くんと話していると、また余震…


このご恩はこの大地震で困っている人たちに何かで返せたらと思います。

まだまだ続く余震で眠れませんが
とにかく少しでも多くの命が助かりますように今は願うばかりです。


書いている間に今度は中越地方でも大きな地震…!


どうかどうかみなさんご無事ですように…
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お子様連れだったとは!
でも家族揃っていて良かったね。

好い人はちゃんといますね。

東北中越と本当に心配です。

お気をつけて。




お子様連れであの状況は大変でしたね。
高田馬場から東村山まで徒歩で5時間で帰りましたが、体が冷え冷えしました。
途中途中でのコンビニがありがたかったです。

moti@二子玉川ライラ さん
寒くても私だけなら頑張って歩いたのですが、子連れはやっぱり厳しかったです…
家族も別れる直前でした
親切な方に助けていただいて本当にありがたかったです。
なので被災地に少しでも何かしたいですね…


Inoさん
5時間も…!それは本当に大変でしたね。。。
ご無事で何よりです。
寒くて寒くて、私も治まっていたはずのぜん息の発作が徐々に再発して苦しい帰り道でした

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示