FC2ブログ

2012-09-01

Blue Moon

今日から9月ですね。
連日の猛暑からそろそろ開放されたいけど、もうしばらく暑そうですね。
昨日一昨日は2週間ぶりに雨が降って、余計に蒸したけど雨のありがたみをひしひしと感じました。


暑さも影響してるのか、夏はずっと娘を寝かしつけたら私も電池切れしてそのまま寝てしまっていて、昨夜もブルームーンが見られるというのをすっかり忘れていたら、夜中の授乳(実はまだ娘2歳はのんでいる;)と、深夜に関東の友人から「本当に美しい月だよ!起こしちゃったらゴメンネ」とのメールで目が覚めました。
でも夜中1時頃の富山はうす曇りで、月は出てるけどハッキリ見えませんでした。
その上、うちの南側の窓には全て暑さ対策の簾があって、窓が開いててもよく外が見えないのでイライラしてまた寝てしまいました。


そしたら3時頃また娘に起こされたけど、今度は窓から本当に明るいムーンビーム?が差し込んでいるのですっかり目がさめて、家の外にでてみました。
だいぶ西へ傾いていましたが、ほんとうに美しく幻想的でした。
その下に雲が海みたいに横に広がっていて。
友人に返信しようかと思ったけど、もう4時近かったのでやめました。
振り返ったら、東の空には昇ってきたばかりのオリオン座が輝いています。
あぁ、もう本当に秋がやってきたんですね~


「Blue Moon」というジャズのスタンダードナンバーがありますが、私が初めてそれを聞いたのは中学の頃エルヴィス・プレスリーの歌でです。
周囲ではロカビリーが流行っていたのでバラードが余計に印象的でした。
そして、それから何年も後、自分で歌うようになってからジャズの曲に自分で作詞したのもブルームーンが最初でした。
原作の詞ではブルームーンのブルーは哀しげな色として描かれていて、最後は幸せと共に月の色がブルーからゴールドに変わるんだけど、わりとその詞に沿って訳詞しました。
いくつか日本語訳詞はあるみたいです。
今でも時々歌っていて、とても思い出深い曲です。


そのまま早起きして、今朝はまた新しい曲(girafeのオリジナル)の作詞を頑張っています。
ブルームーン効果があるといいな♪


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

CDと曲

一昨日の満月は、ちょっとちがうなぁと思いました。
昨日は、ラジオで「セ・マニフィーク」がかかっていて、懐かしい感じがしました。

CD、楽しみにしています!

でんべいさん
そうですか~違っていましたか。
書きませんでしたが、田舎も今や街灯はLEDで、あまりの明るさにかなり気になってちょっと残念でした(笑)
ラジオで「セ・マニフィック」が…というのは銀星楽団のですか??
だったら嬉しいなぁ~
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示