2012-09-09

夏の思い出

季節の変わり目ですのでテンプレートを替えてみました。
かなりド派手ですが…作りが良くて見やすいので(自分だけだったら困るな~;)。


夏の思い出の写真を少しだけ並べてみよう。
娘の写真ばかりになってしまいますが。


DSC_0680.jpg

夏の間、時々家の周りで見られる小さな蝶。というより蛾か。
幅2センチほどの綺麗なグリーンでかわいい。
名前は知らない、調べてみよう。。。→コヨツメアオシャク というそうですhttp://futarinoyakata.my.coocan.jp/gardening-koyotsumeaosyaku.html
天井にとまってたところ。



DSC_0685.jpg

お盆前に、北陸自動車道の富山県から新潟へ入る海沿いの、親不知というところで夕日をみたときのもの。
夕日がメインだったのだけど、なんかいい1枚。



DSC_0653.jpg

去年は食べられなかったスイカ。父親がこの世で一番キライなものがスイカなので、この娘も食べられないのか…かわいそうに~ とか思ってたら、今年は思いっきり豪快に食べていた。



DSC_0682.jpg

8/26(日)。産後、初めて野外フェスティバルに行けた。
地元、富山は立山の麓で開かれている「Life Is Beautiful」。
去年は大好きで友人の tico moon さんが出ていたけど行けなくてとっても残念だった。
今年はトリにこれまた大好きな mama!milk さんが来ていて感激~♪するも、娘の事情で最後までは居られなかったし、じっと聴いていることはとても不可能であった。
でも雨上がりの緑の中で聞く生の音は素敵で、出店していたカフェで癒され、いい古本屋さんと知り合えた。


それにしても、この日、富山で野外フェスが3つも同時開催していた。
それぞれハシゴはとても出来ない距離。
もう全国的に名前も知れている「SUKIYAKI MEETS THE WORLD」(ここだけは3日間開催)、19年ぶりに復活したという伝説の?大型フェス「HOT FIELD」、そしてこの、カフェや森が似合う優しい音楽が集う「Life Is Beautiful」。
相方氏はHOT FIELDへ。私と娘はこっち。お互いどうしても聴きたい方を選ぶが、やっぱり1人で小さい子を連れて野外フェスはけっこう大変。
でも、あちこちで聞こえる会話に「うちも~、ダンナはホットフィールド行ってる。」と何度もあった。
なんと、知り合った古本屋さんの旦那さまが「HOT…」へ行かれていて、しかも偶然うちの相方氏とそこで知り合っていた。
不思議なこともあるものだ。。。

それぞれのフェスが音楽性でかぶってないし、ここに本当に来たい人だけが来てくれればいい。ってことで全くお構いなしみたいなんだけど、集客もさることながら、それってお客さんのこと考えてないんじゃ…?と思ったりもする。
どれも楽しみで全部行きたい人もいるのにね。 
私も「HOT…」の方に出演の「在日ファンク」は見たかったんだけども。
爆音とかまだまだ娘には早すぎるので、当面からだに優しめな方でいくかな。
爆音で発散するのがからだに優しいという相方氏のような人もいるのでしょうが。
サマソニやフジロックとかもちゃんと互いの日取りを知り合って調整しているのにな~


DSC_0681.jpg

でも、この「Life Is Beautiful」はロケーションがとても良くって、規模も小さいのが特に小さい子連れにいい。赤ちゃんも多かったし、授乳室も設けてある。
主催で場所を提供しているのが、KAKIという家具工房。
遊具はないけど唯一、工房の軒先にある大きな木のブランコがとっても気に入って、ずっと子ども達はそこに座って揺られながら音楽を聴いたり、クッキーを食べたり、古本屋で買ってもらった絵本をさっそく開いていた。
工房の作品が置かれているショールームにも感激したし、芝生以外にKAKIの作品である無垢材のテーブルと椅子で休んだり食べたりできるのも良かった。
girafeもこのようなフェスに出られたらいいな~と思う。


DSC_0683.jpg

今日、久しぶりに電車に乗った。
こちらは車社会で1人1台の世界、
電車やバスを乗り継いでいた日々がなんか懐かしい。
特別運動とかしていなければ、足腰も実は都会の人の方が階段も多くて衰えにくいと思う。


田舎には都会から引退してきたレトロで珍しい車両がけっこうあって、リニューアルされて現役でゆっくり頑張っているのがいい。
これは昔のレッド・アロー号(西武線かな?)今でも鉄道ファンに人気で、これに乗るために富山へ来る人もいる。
しかも、JRではなくて富山地方鉄道、うちの最寄線。
電鉄富山から来て、わが町「上市」でスイッチ・バックして宇奈月温泉へ向かう。
ちょっとした小旅行気分を味わえるのと、映画「RAILWAYS」のロケ地になったので今ではちょっと有名なローカル線になった。
無人駅も多いので基本はワンマン。

DSC_0684.jpg

今日は、この旧レッド・アロー号に乗るためにわざわざ特急に乗った。
でも、この旧レッド・アロー号、私が高校生の頃も通学でしょっちゅう乗っていたっけ。
今では内装も綺麗になって、木のフローリング、各ボックス席に木のテーブル、高山植物や昆虫の絵も飾られていて見違えた。こちら→
写真は、まるで娘が1人旅をしているようだ。
そんな日もすぐ来るかな。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰しております。お嬢ちゃん、随分大きくなられましたね!レッド・アローも西武新宿線を走ってましたので、懐かしいですが、最近全然富山に行っていないので、いつか乗ってみたいです。
ちなみに、蝶・蛾のことならお任せあれの私から、最初の緑色の綺麗な蛾の情報を。これはコヨツメアオシャクと申しまして、北海道から沖縄まで広く分布しています。ただし、生息地によって微妙にデザインが異なるとか。ご参考までに。

越渓さん
お久しぶりですね♪
緑色の蛾、コヨツメアオシャクっていうんですか~スゴく立派な名前。
情報ありがとうございます!
緑色が美しくて昔からすごく好きな蛾です。
越渓さんは日本中の美しく珍しい蝶や蛾をご存知ですから、珍しくもないでしょうけど…
ほとんど知らない私が言うのもなんですが、蝶や蛾ってほんと追いかけたくなるものですねぇ…魅惑的です。
杉並区で見かけなかった蝶や蛾に出会ったらまた写真撮りたいです。
でも子ども追いかけながら蝶も追いかけるのはなかなか難しいです(^_^;)
そろそろ熊もうろつく季節なので気をつけながら。
また富山にもいらしてみてくださいね♪

早速拝見しました(^^)

育児お疲れさまです。昨日は偶然に会えて嬉しかったです。早速遊びに来たよ。
プロの歌手なんだね~すごいわ~
life is beautiful 行かれたんですね。毎年気になっているイベントなんだけどチビがいるので厳しいかなと思って行けずにいます。娘ちゃんも連れて行ったのかな?
最近秋らしくなってきましたね。明日午前中丸山公園へ行く予定なのでもしお暇なら来てねv

Re: 早速拝見しました(^^)

こうたろうの母さん(本当はお名前で呼びたいとこですが・笑)
返信遅くなってごめんなさい!
お元気かな~と思ってたので偶然会えて嬉しかったです♪
や~産後は本当にゆっくり活動しています。
タイミング合ったらライブ是非遊びにきてください。
life is beautiful、もちろん娘連れで行きましたよ~
しかも私1人で連れて行ったのはかなりチャレンジャーでしたが、そんな人もたくさんいてなんとかなりました。
今度は一緒に行けるといいですね♪
先日土曜、公園へは娘と夫が行っていました、私は残念ながらいけませんでしたが~連絡できればよかったね。
また木金と一時保育なので、娘たちは一緒に遊ぶんだろうな(^ ^)
 
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示