FC2ブログ

2012-09-26

いよいよレコーディングです♪

あっという間にレコーディングの日がやってきました!
明後日から2日間@高岡・雑楽工房にて。
girafeのメンバーがやっとそろいます。
私が動ける時間は全体の約半分なので、これまでのレコーディングのようにはいかないでしょう。
試されるところが非常に多そうです。
でも気分的には非常に落ち着いていて、体調も良く…本当に楽しみです!
四六時中一緒の娘とはしばし離れているのが寂しいけど、そのぶん頂いた時間は思い切り良いものにしたいと思います。


新曲もまた歌詞をてがけることが出来て嬉しいです、
今の私らしい歌をうたえそうです。


そして、レコーディングを終えたら29日(土)はライブ@岩瀬・丹生庵です♪
お子さまづれの方にも是非来ていただきたいのだけど、この日はけっこう運動会とかぶっているのと、夕方という時間帯がちょっと難しいかな…
来れる方は是非ともお待ちしていますよ~♪(詳細また次の記事に再掲載しておきます)


先週まで夏が終わらないのでは…?と心配になるくらいだったのに、プッツリ切れたように急に寒くなって体がついていくのやっとです、全国的にそうみたいですね。
今週いっぱい特に体調崩さぬようがんばりたし、今は親子で1人なので。
みなさんもどうぞご自愛ください~


あと、先週土曜にナイスタイミングで大貫妙子さんが北陸公演にきてくれたので、英気を養うためにもまた家族にお願いして1人行かせていただきました。。。ありがたや。。。
簡単なメモを書いたのでここにも残しておこう。


FaceBookより>
今から大貫妙子さんのコンサート@教育文化会館。3年ぶりです。富山で聴くのは初めて。
かなり貴重なおひとり様時間でした!開場前にちょっと時間あったから、公園の噴水眺めながらお茶…とか、なんて久しぶりだったろう(T_T)
行きにペンギン・カフェ・オーケストラを聞きながら来たら、会場の客入れの音楽にも同じのが流れてた。

東京のオペラシティでのコンサートを、運良く最前列で観たことがあるけど、そういう大きい開場は彼女もやはりすごい緊張感を漂わせていた。
今日も運良く3列めでしたが、小さめの開場だからか非常にアットホームな空気だったのと、これまで聴いたコンサートにあまりない選曲で新鮮でした。
初めて聴いた大貫さんの曲は、(私の年齢の人ならきっとみんなそうかな)みんなのうたの「メトロポリタン美術館」で、今回はBass兼マニピュレーターの方がいたので初めて生で聴きました。
林立夫さんのドラムセットが、ほとんどパーカッションのようなセットに変わっていてとても馴染みやすかった。
相変わらずパネさんのピアノはシンプルで胸を打つ本当に美しい音でした…。

大貫さんがMCで話していた中に、水と空気と料理が良ければどこでも生きていける…と力強く(そう聞こえた)言っていたのが印象的でした。
今週は秋田に持っている自分の田んぼの稲刈りに行くんです♪って。





現代の還暦間近なんてその人によってぜんぜん若いとは思うんだけど、大貫さんはずっと変わってないようにすら思えるほど益々輝いてみえる。
凛とした大人であり少女のような可愛さがあって瑞々しい。
声を保つのはどうしても年齢との闘いになるけど、こうやって何十年も歌い続けている。
相当な努力もされているのだろうけど、ほんと見習いたいといつも思う。
そんな彼女が見習いたいと言っているもっと高齢の素晴らしい歌手の話も聞けた。



人生いろんな波があるけど、高くても低くてもその時の私、
あ!今の私がここにいるな~ってすごく感じられるものを作品として少しずつ残していくって、改めて素敵だな~と思う。
レコーディング、楽しんで頑張りたいと思います。




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示