2014-03-12

山町筋ひな祭りJazz & Cafe、楽しかったです♪



先日、日曜は富山県の高岡市山町筋の雛祭りで演奏しました。
たくさんのご来場本当にありがとうございました\(^o^)/


私とギタリストの地主直之さんのデュオでお送りしました。演奏した曲は...

The Best things in life are free
You're the cream in my coffee
そよ風の誘惑 〜Have you never been mellow?〜
夜来香
胸の振り子
チョットマッテクダサイ
谷の灯ともし頃 (ウクレレ&マンドリン)
忘れもの 〜Do you know what it mean to miss NewOrleans? 〜
Amapola
桃の花
リンゴの木の下で (アンコール)

選曲は、春らしい歌詞をはじめ出会い&別れの季節らしいもの、コーヒーの出てくるもの、故郷を想いながら旅立つものなどでまとめてみました。
(でも、当日初めてイベントのフライヤーを見たのですが、スタンダードJAZZ & CAFE って書いてあった!(=゚ω゚))

山町筋は高岡でも古い街並みの残る素敵なところで、家庭で代々受け継がれている雛人形が一同に公開されるのですが、最も古いものは江戸時代からのもあり、人形の大きさや表情、着物やお道具などが様々でそれぞれの美しさがあり、時代を経て大切にされているものがひしひし(ビシビシ!)伝わって来ました(^^)


写真のお雛様は、音響を担当してくださった石浦さんのお家のもので、
大正時代初期のもの。これでも若いのだそうです Σ(゚д゚)


会場だった防災施設も土蔵造り。
周りにお雛様や桃の花が飾られて、赤い毛氈(もうせん、絨毯みたいな)の上での演奏。
着物を着てカフェの給仕をしてくれた富大生の可愛い女の子たちもいて、まるで三人官女みたい、お客様が五十人囃子で、STUFFの方々は右大臣左大臣、演奏した私と地主さんはもしかしてお雛様の設定かしら⁇(笑)と思えるような今までに体験の無い素敵な設定にテンションあがりました🎶(^^)



カフェのコーヒーカップや湯呑、ワイングラス、ケーキやキッシュ用のお皿も全て高岡で作られている工芸品という、クラフトの街高岡ならではのこだわりがキラリ。
私たちの演奏の前には、小学生の女の子たちが着物姿で踊りを披露されていた「ひなと踊る」が、また可愛いくて可愛いくてキュンキュンしました(^^)♡


「ひなと踊る」を練習中のこどもたち(^^)


女の子の健康と幸せを願うお祭り、子どもの頃の思い出と、子育てをしている時、そして何歳になっても楽しめる、静かで温かいほんとに素敵な文化ですね〜T_T
山町筋では天神様のお祭りも開催しているそうで、町ぐるみでこどもを大切にしようというのがとても印象深かったです。


山町筋の地元のみなさんと、高岡市の方々、文化創造都市高岡プロモーションチームのみなさんで力を合わせて作られている、本当に素晴らしいお祭りでした。
ありがとうございました(^^)


ライブ中にも話しましたが、童謡も大好きな私としては、「夕日」(ぎんぎんぎらぎら 夕日がしずむ♪)の作曲者、室崎琴月さんがこの山町筋の出身で、会場のお隣の室崎さんが生家だったことを知り、感激しました〜。


ライブの終わり頃には冷たい雨が降ってきて、夜は雪、吹雪の大荒れとなり、奇跡的な晴れ間のお祭りでしたね。
来年も、今度は娘と母を連れて観に来たいな〜と思いました(^^)


また後で写真を差し込みます!o(`ω´ )o



こどもたちをはじめ、日本中の、そして世界中の人たちの心が穏やかで健やかであり、お互いの気持ちをしっかり伝え合える、そんな日々を願い心をこめて歌えた日でした。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示