FC2ブログ

2015-08-15

お盆の過ごしかた。 〜ふうらい坊って何?



今年のお盆は、富山はあまり天気に恵まれず、気温も25〜31度くらいと、ちょっとクールダウンしております。

珍しくお盆休みは毎日予定あり、と言っても娘と家族親戚の予定ばかりですが、出掛けっぱなしで、ちょっと疲れて親子で風邪でもひかないようにしなくちゃです。




13日は、生まれ育った地元、上市町のお盆恒例の花火大会。
上市町では、お盆の初日に、「しょうらいこ」と言って、細長ーい木(葦の茎のような⁇)を10本くらい束ねた先っぽ(全体の半分くらいまで)に紙のような木屑の塊を挟み込んたものを燃やします。
炎をゆっくりとまわしながら、ご先祖様たちが、故郷へ戻ってくるのに目印になるよう、迎え火のような意味があると聞いています。
主に河原で行うのですが、上市町の中心部の上市川河川敷では、町内ごとに3メートルほどの高さのら櫓を組み、それも燃やします。これも「しょうらいこ」と同じ意味や鎮魂、豊作を願うような理由でかなり昔から行われているらしく、
富山県内でも、上市町の独特の風習のようです。
それで、ついでに花火も上がります(^^)
消防署は警備で大忙し。


家族親戚一同で、河原でしょうらいこを回し、櫓や花火を観て、家内安全を願います。
そして、もちろん、平和と幸せを願います。
今日は終戦日。戦後70年の節目。日々忙しくても、お盆はご先祖さまたちと共にそれについて静かにじっくり見つめ直す大切な時間だよ。


と、娘に話してみたんだけど、分かったかなー
もうそういうのも分かったり、理由を聞いてくる年頃(^^)
昨日はついでにこんな事も聞かれた。



フウライボウって何⁇
たまたま車でかかっていた、小坂忠の「ふうらい坊」をサビばかり1日に何度となく歌っている娘。(^^)
http://youtu.be/Xfq4NBw32Mw

住むところも仕事もあんまりキッパリとは決めないで、好きなことしてる人だよ〜って言うと、ふーん。と言って脚をフラつかせながら更に歌いだす。笑


ちなみに、40th記念で再発したシュガーベイブの SONGS では、娘は以前から「蜃気楼の街」が気にいってるのか、時々一緒に歌う。どちらも学生時代にずっと聴いていた大好きなアルバム。
娘は音程はめちゃくちゃなのだけど、気にしていない(u_u: むむ。。。



お盆と話がズレてしまった。
娘ととある話をしてて、毎日が誰かの誕生日で、毎日が誰かの命日。というのが何かツボにはまったらしく、それも時々ポツリと思い出したように言ったりする。



お盆は、立て続けに、何人かの親友の誕生日もやってくる。
お盆休みは気持ちに余裕もあるからか、1人ひとりの誕生日を思いながら過ごせる。



昨日誕生日だった人は、私よりひと回りも歳上だ。
私に無かった色んな考え方をたくさんくれて、今も仲間たちと常に新しいものを生み出していて、とても尊敬している。
友人が何歳だったか、あまり考えないで毎年おめでとうと言っているけど、
そういえば私は今年、その友人に初めて出会った時の友人の年齢になった。
人生の先輩にはいつまでたっても追いつけないけど、12年も経てばいろいろ見えてくるものも変わっている。私には相変わらずまだ見えてないものあるけれど〜T^T



お誕生日、おめでとう。
長いこと会っていないのだけど、いい毎日を送っていることが伝わってくるととても嬉しい(^^)





関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示