2017-11-22

黒船屋、12月で cafe うみいろ を出航します。


IMG_5084.jpg

7月にオープンしてちょうど半年のシェアカフェ、cafe うみいろ ですが、
諸事情により、黒船レディの黒船屋は年内でシェアを終了することにしました。


4月から準備をコツコツ進めて開店できたので、黒船屋の日を気に入って通ってくださいました皆さまには大変申し訳なくとても残念に思いますが、
お店のリニューアル&イメージアップのお役目をここまで果たさせていただきました。
まだお店は新しくなって少し知っていただいたばかりですが、幸いにもたくさんのお客さまにご来店いただき、リピーターも増えてきたところ、これから発展していくところです。
なので、思っていたより少し早い船出にはなりますが、新年からまた次のところへ向かおうと思います。
すぐに次は自分のカフェをオープンさせるとかではないのですが、1からお店を開くことも経験できたので、またカフェは新しい場所でやってみたいと思います。
来年取り組みたいことも、ここでの経験が役に立ちそうです。

準備期間からたくさん助けてくださったオーナーと不動産屋さん、
いろいろ知恵をくださり一緒に作ってくださった建築士さん、作家さん、
ここまで日々一緒に盛り上げてくださったパティシエさん、農家さん、古本屋さん、シェアのお店の皆さん、アーティストさん、ヘルプしてくださった方々、友人。
そして何よりご来店くださったお客さまと応援してくださった皆さまに、心から感謝申し上げます。
私を導いてくれ見守ってくれた旧宮崎酒造の酒蔵の神様にも感謝です!


短い期間でしたがあと少し、12月15日(金)の黒船屋の最終営業日まで、どうぞよろしくお願いいたします。
(12月15日の前の週まで木金土で担当しています、cafe うみいろ facebookページのカレンダーもご確認ください)


これまでの各日曜の素敵なシェアのお店に加え、新年からはまたとても楽しみなお店が増え、新しいcafe うみいろ の色が作られていきます。
お気に入りの日を見つけに、また是非お越しください。
相変わらず毎日見飽きない海が目の前にあります、たくさんの方に見ていただきたいです。
ここ滑川宿瀬羽町、旧宮崎酒造(ぼんぼこさ) の周辺でも、新しく素敵なお店がオープンし、今後も増えそうです。
私は、本来の音楽家としてまた出演させていただいたりなどあると思います。なので、アーティストの友人たちには今後も是非この場所を活かして利用して欲しいと思っています。



新年からのカフェ営業日やシェアのお店の情報がそろうまで、もうしばらくお時間いただくと思いますが、
これからもどうぞ、cafe うみいろ ぼんぼこさ をどうぞよろしくお願いいたします。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示