FC2ブログ

2018-11-12

ベーシスト玉木勝 Quintet "Flutter - Flutter" 1st アルバム・リリースライブ

すっかり秋が深まって、家の周辺の木々の紅葉もそろそろ終わりですが、
立冬を過ぎて、冷たい空気の中、毎朝窓を開けると鮮やかな黄色やオレンジ🍁が目に飛び込んで、なんとも言えない美しさです。それが冬に向かう切なさにつながっていても、新しい季節の到来だからワクワクします。本当に日本の四季は素晴らしい〜。

先日は、富山は高岡市の音楽プロジェクト"SONGS"ライブ100回記念にて、富山をイメージした「水の都楽団」で出演、バロンと世界一周楽団との共演も本当に楽しくって、まだ余韻も残っているところです😁
SONGSのみなさん、本当におめでとうございます。素晴らしい記念の企画に呼んでくださり、たくさんの皆さまのご来場も本当にありがとうございました!

今年は去年よりたくさんのライブと企画など、いろいろ挑戦できましたが、
12月は久しぶりに東京で、特別に楽しみなライブに参加させていただきます!


「黒船レディと 銀星楽団」で (クリスタル卿というステージネームのもと(^^))
ベースを担当してくれていた玉木勝 氏がリーダーのバンド、
玉木勝 Quintet "Flutter - Flutter" の 1st アルバムが10月にリリースされました!
これだけでもとっても素敵なニュースでしたが、
そのアルバムのリリースライブにゲスト出演させていただきます♬

IMG_7324.jpg

12月17日(月) 玉木勝 Quintet "Flutter - flutter"
1st アルバム・リリースライブ


時間:start 19:30 〜 / 21:00 〜 (二部制・入替なし) open 17:30 〜
場所:渋谷JZ Brat セルリアンタワー東急ホテル2階
東京都渋谷区桜丘町26-1 地図はこちら
music charge : 一般¥5,000- (予約¥4,500-)
       学生¥3,500-(学生証をご提示ください)
        小学生¥2,500-(未就学児入場不可)
ご予約•お問い合わせ:03-5728-0168 (平日15時〜21時)
URL:http://www.jzbrat.com


出演:玉木勝 Quintet Flutter - flutter
玉木勝(bass)、宮崎佳彦(cl.t-sax)、井高寛朗(piano)、河野文彦(guitar)、島野和樹(drums)
ゲスト 渡邊恭一(t-sax.cl.fl)、伊計博司(trombone)、黒船レディ(水林 史 vocal)


先月発売したばかりの"Flutter - flutter" 1stアルバム!
私も聴かせていただきました〜〜
超ごきげん!背中に羽が生えたかのごとくウキウキ♬してしまう、ベニーグッドマンやミュージカルの曲など、アレンジも思わずswingしたくなる楽しい内容です😆✨
玉木勝blog Bassist Maseru Tamaki Walks! で収録曲の紹介もされています。
現在はまだライブ会場でのみの販売だそうで、いち早く聴きたい方は是非この機会をお見逃しなく!
メンバーそれぞれがめざましいご活躍ぶりで、全員揃ってのライブもとても貴重とのこと。
そして豪華ゲストも!
私はアルバムには参加していないのですが、今回のアルバム収録曲のイメージボーカルとして起用していただきました。

玉木勝さんやギタリスト河野文彦さんとの共演も本当に久しぶりで、新しいメンバーやゲストの皆さんとの初共演の化学反応もとても楽しみです、是非聴きにいらしてください!
たくさんのご来場お待ちしております♬
関連記事

tag : 玉木勝Flutter-flutter swingjazz gypsyswing manouche 黒船レディと銀星楽団

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示