2007-03-06

アキバでスウィング!

日曜は横浜は馬車道の「上町63」での演奏会でした。
早い時間から始めたのですが、
夕方の横浜の街はなんて素敵なんでしょうね…!
「黒船っぽ~い!」とウキウキ会場に向かいました。
なんと、いつも大人なお店のイメージの「上町63」は、
いつも応援してくださる心強い常連さんよりも、
若い女性が多かったのでびっくり。
しかも、男性でもCDをたまたま買って知りました。という人や
今日初めて来ました。という人がほとんどで。。。
なんとも新鮮な感じの演奏会になりました。
ベースは久しぶりの「クリスタル卿」(玉木 勝)でとても楽しかった…!!
(若い女性たちはクリスタル卿がお目当てだったのかな…?)

それにしても、「上町63」はセンスいい店ですよ。。。


今日はすごい春の嵐でしたね…!
たまたま今日はお休みだったので、ずっと風の音を聴きながら1日を過ごしました。
春は好きなんだけど、せつな過ぎて困ります。。。

さて、3月10日は、なんとアキバでスウィングです!
電気街ではないんだけど、面白い街での演奏会は楽しみ。
今回は、Ms. Charleston & Her Robin Hood Boys さんに
お誘いいただいてのイベントです。

Ms. Charleston & Her Robin Hood Boys プレゼンツ
'LOVEY-DOVEY NIGHT @秋葉原dress cafe'
~アコースティック・スイングナイトvol.2~
charge:1500円+2order(1000円分)
start:19:30~

Ms. Charleston & Her Robin Hood Boys は、
ボーカルのメグちゃんが私と同郷の富山出身…!(←貴重)
ギタリストの文くんは、私と「フミ」つながり…!(笑)
いま注目の2人組みに、なんとゲストで「くもカル」のギタリスト、
ヒロヤス君が参加だそうで、これまた楽しみ!

私たち銀星楽団には、ベースに「ストーンシップ卿」(石船裕介)
パーカッションに「いたにょん閣下」(井谷享志)を迎えます!!
最近の新曲をお送りしますので見逃さないでね~

最後にお楽しみのコーナーもあるそうです…!
是非きてね~!!

あと、お知らせが1つ!
アルバム「古本屋のワルツ」が下北沢ヴィレッジ・ヴァンガードでも販売されています。
どうぞヨロシクお願いしま~す!!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。

本日「LOVEY-DOVEY NIGHT @秋葉原dress cafe」聴きに行きました。

「古本屋のワルツ」を聞きながら書いてます。

Ms. Charleston & Her Robin Hood Boyとは、また違った魅力でとても気持ちよかったです。

来月の阿佐ヶ谷バルトには是非行きたいと思います。

ぽんた さま

本日はご来場ありがとうございました!!
CDさっそく聴いてくださって嬉しいです~
そうですねぇ、私たちも もっとスウィングのカバー曲はたくさんあるんですけど、
今日はスウィングと名のつくイベントでしたが、アコースティックで色んな曲が楽しめるといいかな~と思って、あえてああいう選曲でのぞんでみました。。。
Ms. Charleston & Her Robin Hood Boys さんたち、ほんとにキュートでしたね!
またご一緒できる機会があるとといいです。

上町63の演奏会楽しましていただきました。
CDのイメージどうりの人でしたね。
オリジナルはもちろんでしたが、スタンダードも黒船テイストでファニーでした。
次の演奏会とアルバムが楽しみです。
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示