FC2ブログ

2008-04-23

発売しました!!! ~そして先日の日記

本日、新しいアルバム「黒船レディと銀星楽団」が発売しました!!!
日ごろのみなさんの応援のおかげで、またこの素晴らしい日をむかえることができました。
本当にありがとうございます
きっと楽しんでいただけると思います、どうぞヨロシクお願いします。
みなさん、是非お近くのCDショップで買ってね~
kurofu_jk.jpg

定価 \2,625-(税込)
発売:VIVID SOUND CORPORATION (VSCD-9683)

今日の夜は、リリー婦人と黒船レディのデュオ・ライブです
お仕事帰りに是非寄ってね~
●4月23日(水) 新宿 DANCE  たまには SWEETS でも…♪
Start 20:15~23:50まで (45分×3回)
Charge \500-+オーダー     
東京都新宿区新宿3-20-6 FSビル4F
TEL:03-3354-4774
♪ごはんもお酒もおいしい新宿の粋なダイニングバーにて、
銀星楽団CD発売日に黒船レディとリリー婦人とDUO(SWEETS)での演奏です。 
★水林 史(Vo)、廣田ゆり(Pf)


先日4/20は、下北沢440で SWING KIDs の HIDEちゃん企画“AROUND THE WORLD”~春の演舞編~
に参加しました。
こんな大盛り上がりのイベント出演は久しぶりの銀星楽団。
日ごろからまったりの私たちにはスタンディングってなかなか興奮します
1番目の出演でむしろ良かったかも。
オープンからDJのみなさんがノリノリの曲をかけまくっていたので、私は最後まで持たなかったかもしてないので。それくらい、お客さんも出演者も最初から最後まではしゃぎまくりのイベントでした。

私たちはこの日、出来立てのCDの先行発売ということで、アルバムの内容にそった曲を演奏しました。
中でも、ノーランズのカヴァー「ダンシング・シスター」は初公開でした。
(私がちょっとノドの調子が悪くてバシっと決められなくて残念だったけど…)
みなさん笑ってくれて嬉しかった~

2番目出演のカンザス・シティ・バンドとは初めての共演で、なんと!!西岡恭蔵の名曲「プカプカ」を
下田さんとデュエットしましたこれはかなり楽しかったです!
カンザス・シティ・バンドのメンバーは1人ひとり大好きで、特に下田さんは私の大先輩なので、
カンゲキもひとしおでした。ステージも終始大盛り上がりで、最高でした。
やっぱりこの方たちはスゴイです。
「プカプカ」は、私がバンドでジャズをやり始める前に、つたないギターで弾き語りしていた頃の好きな曲。
いつもの黒船レディとは一味違って聴こえましたか?
またやりたいな。

3番目出演のヒネモスさんは、前回観たときより何倍もスゴかったです。
本当におもちゃのオーケストラでした、アンサンブル素晴らしかったです。
リリー婦人と感心しまくっていました。

おっと、もうこれからライブの準備にかからなければならないので、
また続きは今夜書きます。




関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おめでとうございます!

アルバムリリースおめでとうございます!
とても素敵なアルバムで、ずっと聴いてます。 名作だね!局面が変化する予感がします。

祝!アルバムリリース。

今日、CDショップに行きました。
藤沢のタワーレコードにも(こんな地方都市なのに)、ちゃんと売ってましたよ。
もちろん、即購入です。
これからじっくりと聴きこみますね。
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示