2008-06-20

もうすっかり元気です

気管支炎はもうすっかり良くなったのですが体力がもどるまでちょっとかかったので
また久しぶりの日記です
前の日記で心配させてしまう内容のままだったので、静養中にあった楽しいことを書こうかな。

もうだいぶ日をさかのぼってしまいますが、前の日記を書いた時のバルトでの演奏は、
とても楽しく無事に気持ちよく歌うことが出来て、そして更に、銀星楽団のみんなとバルトの森谷さん、そしてお客さまから誕生日のお祝いをしていただきました。
ライブでサプライズのお祝いをしていただいたのは何気に初めてでした。
とても嬉しかったです、みなさん本当にありがとうございました。

Image234.jpg
              Image235.jpg


先週末は、いとこの結婚式が横浜であって、私の両親もやってきたのですが、
1日早く来て、一緒に鎌倉に紫陽花を見に行きました。
シーズンだったので、どこへ行っても混んでいてちょっと疲れましたが
やっぱり鎌倉はきれいなところですね。
紫陽花って100種類くらいあるそうで、ほんとに色々あってどれも美しくて見惚れていたけど
中でもいちばん好きだったのは長谷寺の真っ白な紫陽花。花に埋もれてたくさん写真を撮りました。
紫陽花以外にも沢山花が咲いていて、緑も美しくてどこを向いてもうっとりでした。
母とお揃いで紫陽花柄のハンカチも買いました。

あじさい寺の近所には、葉祥明の「白い犬のジェイク」の絵本美術館があって、
寄ってみたら、ついジェイクのぬいぐるみが可愛くて小さいのを購入してしまいました。
ジェイクのことは小学生の頃から知っていて、ジェイクをモデルに夏休みの工作も作った覚えがあります。

080613_1211~01
           080617_2331~02


いとこの結婚式では私が歌ったのですが、披露宴がおこなわれた会場の名前がなんと
「ペリー来航の間」。で、リリー婦人とタジーマハル卿が演奏に参加してくれたので、
黒船レディと銀星楽団の名前で登場したのですが、名前が名前なので笑ってしまいました。
いとこはその名前のあって私に歌って欲しいと言ってくれたのでしょうか?
この日は「鳥になりたい」、「Time After Time」、「Top of the world」を演奏しました。

静養しつつも素敵な出来事が色々あって楽しかったです。
元気になったので、またCD発売記念演奏会に向けての準備をちゃくちゃくと進めております

みなさん、7月11日(金)は「ものスゴい!銀星楽団」による、「ものスゴい!リリース・パーティ」です♪是非ともお見逃し無く!!!お待ちいたしております

●7月11日(金) 吉祥寺 Star Pine's Cafe
~黒船レディと銀星楽団アルバム発売記念~
  「ものスゴい!リリース・パーティ♪」

Open 18:30~ Start 19:30~
Charge 前売り\2,600- 当日\3,000-(+1drinkオーダー)
※前売りチケット6/1より発売!お申し込みは→こちら♪
 (電話での受付はしておりません)
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1
TEL:0422-23-2251(お問い合わせ用)

★黒船レディと(ものスゴい!)銀星楽団
水林 史(vo)、廣田ゆり(pf)、塩川俊彦(g)、玉木勝(b)、大澤公則(drs)、則包桜(per)、井谷享志(per)、
渡辺雅美(vib)、茅野嘉亮(tp)、石川周之介(fl,ts)、桧垣真一郎(tb)、長島一樹(bs)
♪アルバムに参加したメンバー総出演の特別編成ワンマンLiveです!

★DJ:流星キラキラDJ群 …銀星楽団の世界をロマンチックに演出する、
流星のような音楽を選曲するスペシャルDJチーム!!
菅野一成(Krazy Katz)、松永良平、HIDE(SWING KIDs)、ひげぼ(SWING KIDs)、
佐藤彰(東京ロンドン化計画)、宮奈大


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示