FC2ブログ

2008-10-21

憧れのヘアスタイル

081015_0259~01

最近 (と、いってもこの1ヶ月で) あった事。

髪型を4年振りくらいに変えてみました。
この4年間(↑写真の感じ!)飽きもせず同じ髪型でやってまいりました。
ミステリアスな おかっぱボブのサラサラヘアーは、中学・高校の頃から憧れの髪型でした。
この数年は、髪質が幼少の頃のようなサラサラ髪に戻った為
(トリートメントやパーマやカラーリングしてなかった)、
憧れていた髪型になっていたのでした。
ミステリアスではありませんでしたが。

たまたま読んでいた雑誌にあった写真の髪型にとても惹かれて、
久しぶりに思い切って変えてみました。
ちょっとモダンなマッシュルームカットに。
私の風貌だとセットの仕方によっては全然モダンに見えず、キワどいです。
ある意味小学校入学の時の髪型と同じです…
でも服装などでイメージがすごく変わって見えるので、難しくもあり、気に入っています。
そのうち写真撮りますかしら。

今は髪型変えてしまいましたが(そのうちまた戻るかな?)、
この写真の人形は、実はボールペンです。
横浜の赤レンガ倉庫で見つけました、面白いから3本も買って友達にもあげました。
私にあまりにも似過ぎていて、怖いくらい。黒船グッズにした~い!!!
フランスからの輸入雑貨のお店、プチコキャン!というところのです。
ガールズ・ペン、世界の美女(!)シリーズらしい (笑)
ネットでも購入できるんですね、替え芯もあり気が利いてる。
他にも踊りだしたくなるような楽しい雑貨がいっぱい♪
お店の名前やコンセプトが銀星楽団にもとても通ずるものがあり、感激。。。


あ、つい、1つの話が長くなってしまいます…


最近は、はり・きゅう&足つぼ にハマっていて、毎週通っています。
今まで何人か出会った先生がいますが、なんともバッチリ自分に合う先生をみつけました♪
以前から気になっていた場所でしたが、首を痛めて駆け込みで入ったところが
そうとう効きました。

何度か通っているうちに、先生と少し話すようになったら、なんと!
先生は、我が銀星楽団に参加してくれている いたにょん閣下 のお友達で、
お2人の6年ぶりの再会にも繋がったのでした。
世の中狭くて広い、不思議なご縁です。

以前からこういう偶然がある度に思い出す曲で、
「縁は異なもの」~ What a difference a day made ~ という有名な曲がありますが、
この曲の歌詞は恋愛の内容だけど、ものすごくよく出来た意訳邦題だと思います。
今までの出会いや再会、起きた事の1つひとつ全てが偶然であり、必然でもあり、
大きくても、ちっぽけでも、人生はまさに奇跡で出来ている。 と、毎回思います。
言い尽くされた言葉ではありますが。


つづく…






関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示