FC2ブログ

2008-10-21

縁は異なもの 2

081003_1744~01

前の日記の続きです。

先日、台湾に行ってまいりました。
私の母は書家なのですが、日本と台湾の現代書道家の交流展覧会に出展したため、
一緒に交流会に参加してきました。
久しぶりの海外、台湾は初めてでした。

私も高校までは書道をやっていて、日中の子ども書道交流会で
初めての海外旅行は20年前の中国だったのを思い出して懐かしくなりました。
今は、手書きすることは好きだけど書道は長いことやっていません。

書道のツアーなので、漢字の起源や歴史に関する講義を聞いたり、
甲骨文字などをはじめ書に関する博物館をめぐる真面目な内容だったのですが、
日本全国から大勢の代表が参加しているツアーなのに、なぜが私たちだけ個人行動だった為、
台北だけなのですが、現地のガイドさん付きで有名な観光名所にも色々行けたので楽しく、
すごく勉強にもなって、短いながら素晴らしい旅でした。

訪れた場所それぞれの感激をめいっぱい、山ほど書きたいところですが、
いちばん嬉しかったことは、やっぱり出会いでしょうか。

私たちに毎日付きっ切りで案内してくださった若いガイドさんの名前が、なんと…♪
「史」シさん でした。
史 佩艶 (シ ハイエン)さんという素敵なお名前の、とっても可愛い女性です。
(↑写真中、場所は陽明山、中山楼
史 という苗字はもともと中国からのものなのだそうですが、
中国でも台湾でもとても珍しい名前だそうです。
私の名前も、苗字もさることながら一文字で史は日本名でもなかなか珍しいです。。。
史さんも私の名前をツアー客名簿で見て、苗字と名前ではありますが
面白いめぐり合わせだと思っていたそうです。

書と漢字のお勉強ツアーだったので、なんだかウフフ♪です。

史さんの控えめで優しい、でもとても艶やかな雰囲気のあるお人柄が
すぐ好きになりました。
史さんがとても日本語が上手だったので、私はつい頼って日本語で話してしまい
なかなか中国語が出てきませんでした、情けない…。
史さんが居ない時は下手でもとっさに思い出せる限りで頑張りましたが、
台湾の言葉は北京語と微妙に発音が違うのですね、
同じだったとしても、10年近く使わずにいるとサッパリでした (涙)

史さんと夜2人で台湾の足つぼマッサージに行ったのが楽しかったな。
今度はプライベートで会えるといいな、と思います。
ジャンクなところにももっと行きたかった。。。
せっかくなので、自由時間に行ってきた九分の写真を数枚。
ここは、ジブリの「千と千尋の神隠し」の街のモデルになったといわれている茶館がたくさんある所。

081004_1754~01 081004_1700~01 081004_1708~01 081004_1617~01

帰って来て、たまらず中国語の電子辞書を買ってしまいました。
勉強し直したいです(T T)

でも、「夜来香」を聴いてもらえて非常に嬉しかった。
台湾は  麗君 (テレサ テン)の故郷です。。。
台北だけでしたが、とても美しいところでした。 

「何日君再来」 を久しぶりに口ずさみながらの日記。   

謝謝。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ほんとだ~v-10
まさに「千と千尋の神隠し」じゃんv-7
あたしも行ってみたいなv-119

うん!ほんと素晴らしかったよ~
富山からチャーター便も出とるんかな。
けっこう安く行けると思うヨ、日本語できる人も多いし。
私もまた行きたい。。。
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示