FC2ブログ

2009-06-02

雨女な私

CAEA7TWW.jpg   CAI36XUR.jpg
5月31日の二子玉川Bar LIALEH(ライラ)にお越しくださいましたみなさん
雨でしたがお出かけくださいまして本当にありがとうございました。
私はどうしようもなく雨女のようです。。。
このところライブの日はほとんど雨です、すいません
でも色とりどりの傘が行きかうのを見るのは好きです。

ライラでのセット・リストは…

1st>
①Holiday
②いちばんほしいもの
③そよ風の誘惑
④Make Up! Swing
⑤夜来香
⑥上海
⑦クラゲというネコ
⑧Patissier
⑨ボンジュール街角
チェイサー Introducing Silver Stars Orchestra

2nd>
①亡き王女のためのパヴァーヌ
②Bandoneon
③鳥になりたい
④moon & mars
⑤燕~TSUBAME~
⑥胸の振子
⑦Amapola
⑧古本屋のワルツ
⑨Gumbo!

チェイサー China Town My China Town
アンコール C'est Magnifique

水林 史(vo)、廣田ゆり(p)、古森貞之(g)、玉木 勝(b)

今年はまだワンマン・ライブは2回目で、ギターのセニョ~ル・モリコ(古森貞之)氏とのワンマンも
これが初めてでした。とてもいい感じで演奏できました。私も調子良かったし♪
セニョ~ル氏のギター・ソロがご機嫌でした。
演奏前に4人でお茶をしながらの話が盛り上がったせいもあってか?
4人とも演奏しながらいい感じに肩を組んでいる気がしました。

そうそう…次の日6/1がクリスタル卿(玉木勝)氏のお誕生日だったので、
リリー婦人と全部ステージが終わってからバースディソングをやろう…と相談していたら
なぜか1stステージが終わってからバースディソングが始まり、
あれ?おかしいなぁ、打ち合わせと違うなぁ…と思ったら。
クリスタル卿も自ら演奏しているし…もしやこれは…
と、とたんに、私の名前が入ったケーキが運ばれてきて
私の誕生日をお祝いしてくれるのでした、私の誕生日はもう3日前だったのにビックリした!
そして、もう1度ハッピーバースディが繰り返されて、
今度はクリスタル卿のお祝いに。
お互い仕掛けたつもりが祝ってもらう側だったとは。
みなさんにハッピーバースデーを歌っていただけるなんて、たくさんプレゼントまでいただいてしまい…
ほんとに恐縮ですありがとうございます!!
マスターにも本当に感謝です。

そういえば、今回は、演奏の4人に加えてゲスト1匹の参加がありました。
マスターが会ってみたいと言ってくださったので。
「クラゲというネコ」という曲のモデルになったネコの「海月(クラゲ)くん」です。
25705649_3222588810.jpg
(写真:レベル7さんより)
このブログにも度々顔を出していますが、いまや欠かせない心強いパートナーです(笑)


とても和やかに盛り上がりました。
ライラ、いいお店です、ほんと。
次回のライラは8月です、こんどは雨じゃないといいんだけど。













関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

そんな漢字。

ツバメってカタカナと思ったけど、
燕~TUBAME~だったんだ~。

いやぁ、史ちゃんかわいいね。

CAみたい。

あらためておめでとうございました。
8月は、僕が行けば間違いなく雨になるでしょう。
青い部屋のイベントのときは必ず雨か雪が降っていますv-76
秋以降の件に関しては、またお話ししますねv-270

いやー、本当にビックリしたー!
ありがとうね。

一個前の記事のコメントに伝兵衛さんが書いてたジンクスにあやかろうと思います。

レベル7さん
お手製のケーブルありがとうございました。
使うの楽しみです。

Ruckyさん
おやおや、ここにも雨男が。ん?雪男でしょうか?
クリスタル卿が風男らしいので、みんなが揃って8月は台風にならないか心配ですね(笑)

クリスタル卿
お客さまにこんなにお祝いしていただいて
去年も今年もありがたい誕生日でしたね。
素敵なジンクスですね、バースディやウェディング系の曲も必要になってくるでしょうか??(笑)
プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示