FC2ブログ

2015-08-15

お盆の過ごしかた。 〜ふうらい坊って何?



今年のお盆は、富山はあまり天気に恵まれず、気温も25〜31度くらいと、ちょっとクールダウンしております。

珍しくお盆休みは毎日予定あり、と言っても娘と家族親戚の予定ばかりですが、出掛けっぱなしで、ちょっと疲れて親子で風邪でもひかないようにしなくちゃです。




13日は、生まれ育った地元、上市町のお盆恒例の花火大会。
上市町では、お盆の初日に、「しょうらいこ」と言って、細長ーい木(葦の茎のような⁇)を10本くらい束ねた先っぽ(全体の半分くらいまで)に紙のような木屑の塊を挟み込んたものを燃やします。
炎をゆっくりとまわしながら、ご先祖様たちが、故郷へ戻ってくるのに目印になるよう、迎え火のような意味があると聞いています。
主に河原で行うのですが、上市町の中心部の上市川河川敷では、町内ごとに3メートルほどの高さのら櫓を組み、それも燃やします。これも「しょうらいこ」と同じ意味や鎮魂、豊作を願うような理由でかなり昔から行われているらしく、
富山県内でも、上市町の独特の風習のようです。
それで、ついでに花火も上がります(^^)
消防署は警備で大忙し。


家族親戚一同で、河原でしょうらいこを回し、櫓や花火を観て、家内安全を願います。
そして、もちろん、平和と幸せを願います。
今日は終戦日。戦後70年の節目。日々忙しくても、お盆はご先祖さまたちと共にそれについて静かにじっくり見つめ直す大切な時間だよ。


と、娘に話してみたんだけど、分かったかなー
もうそういうのも分かったり、理由を聞いてくる年頃(^^)
昨日はついでにこんな事も聞かれた。



フウライボウって何⁇
たまたま車でかかっていた、小坂忠の「ふうらい坊」をサビばかり1日に何度となく歌っている娘。(^^)
http://youtu.be/Xfq4NBw32Mw

住むところも仕事もあんまりキッパリとは決めないで、好きなことしてる人だよ〜って言うと、ふーん。と言って脚をフラつかせながら更に歌いだす。笑


ちなみに、40th記念で再発したシュガーベイブの SONGS では、娘は以前から「蜃気楼の街」が気にいってるのか、時々一緒に歌う。どちらも学生時代にずっと聴いていた大好きなアルバム。
娘は音程はめちゃくちゃなのだけど、気にしていない(u_u: むむ。。。



お盆と話がズレてしまった。
娘ととある話をしてて、毎日が誰かの誕生日で、毎日が誰かの命日。というのが何かツボにはまったらしく、それも時々ポツリと思い出したように言ったりする。



お盆は、立て続けに、何人かの親友の誕生日もやってくる。
お盆休みは気持ちに余裕もあるからか、1人ひとりの誕生日を思いながら過ごせる。



昨日誕生日だった人は、私よりひと回りも歳上だ。
私に無かった色んな考え方をたくさんくれて、今も仲間たちと常に新しいものを生み出していて、とても尊敬している。
友人が何歳だったか、あまり考えないで毎年おめでとうと言っているけど、
そういえば私は今年、その友人に初めて出会った時の友人の年齢になった。
人生の先輩にはいつまでたっても追いつけないけど、12年も経てばいろいろ見えてくるものも変わっている。私には相変わらずまだ見えてないものあるけれど〜T^T



お誕生日、おめでとう。
長いこと会っていないのだけど、いい毎日を送っていることが伝わってくるととても嬉しい(^^)





2015-07-19

自然農を営む「はるもにあの畑さんを訪ねました。



以前から是非伺ってみたいと思っていた、滑川市〜上市町で自然農をされている「はるもにあの畑」さんを訪ねてみました!

はるもにあの畑 Blog
http://s.ameblo.jp/harumonia-no-hatake/


お名前は前から知っていたのですが、こないだ立山クラフトに出店されていて、ウチからもわりと近くに畑をされていたのを知りました。


自然農は、私はまだまだ知らない事だらけなのですが、農薬や除草剤、科学肥料を使わないのはもちろんのこと、土を耕さずに草はある程度生えたまま作物を一緒に育て、朽ちた草もそのまま土の栄養になり、作物からはその土地に合った種もとれること。
そしてその種をまた植えて、よりその土地に合った健康な作物が育つこと。
周辺の野山のように、木のみが生えている場所などなく、木も草花も虫も、自然にそれぞれの役割を果たしながら共生していることをモデルに作る畑という感じでした。


確かに...園芸や農業はかなり流行っているけど、植えた作物は枯らさずに、周りの雑草とおぼしきもののみを根こそぎ枯らす、人間にのみ都合の良い除草剤が飛ぶように売れているし、草は作物の栄養を奪うし虫も増えるし邪魔なもの、と子どもの頃から無意識に思っていました。
でも、違うんですね。。。
綺麗な野菜が育つことが成功(ゴール)、というのではなく。


写真上↑は、畑に伺って先ず目に飛び込んで来た青い星のような花、ボリジ。
http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/72815/

これは食べられるそうです。
口に含むと、なんだか海藻を食べたような食感...?(^^)





ズッキーニの実は(カボチャや胡瓜などなんでもそうですが)、花のお尻が膨らみます♪
弦かと思っていたけど、葉と茎が花びらのように開いた真ん中に、可愛い黄色の花と実が見えました。




茄子の花と、可愛い丸い実♪
茄子の花は素敵ですよね、なんか桔梗みたいな?
野菜の花も綺麗なのが色々あるみたいで、有名なのはオクラの花とか、かな。
野菜だろうが、ハーブだろうが、花が咲く植物ですから、野菜かどうかなんて、人がジャンル分けしてるだけで、色々な花、美しい形、色がありますね。


その花の蜜や、葉の味を求めてやってくる虫も様々、虫たちは好みがちゃんと決まっているから、何処もかしこもみんな食べ尽くすというのでもなさそう。
大人しく、自分のエリアにいる様子。
そして、この野菜にしか来ないという虫もいて、、、私も里山に生まれ育ったのに見たことの無いのもいましたし、幼少期以来見かけてない虫も、この畑にはちゃんと居ました。
しかし、カナブンさんとか、葉を食べ尽くしちゃう子は摂らないと野菜も育たないから、一匹一匹手で虫を採っていくのは大変そうでしたね。
もちろん草はある程度取り除かないとならないけど、土は耕さないから楽な面もある、とのこと。



赤と黒のしましまストライプのカメムシ!スーツを着ているみたいでかっこいい!
これは私も知らなかった。カメムシには何百もの種類、姿、色、性質があるそう。
何種類かは家の周りで見たことあるけど、こんな、奇抜なのは...(゚o゚;w
人参の花〜茎にのみ、居ました。



人参の花に群がるアリたち♪
人参の花って、かすみ草の小さな花束みたいに可愛らしくて、蜜もあるようで人気。
種を摂るために、伸ばしておくと大人の胸くらいの背丈になるそう。




チコリーの花、なんて美しい優しい紫色〜

テュルシーという、アジアのバジルはとってもスパイシーないい匂いがして、ずっと嗅いでいたい香りでした。




なんと大きな!シンデレラカボチャっていう名前だそう、
これからまだ大きく、オレンジ色になって行くらしい。
「ムーミンママの秘密」の巨大カボチャを思い出しました♡
スティンキーに盗られませんように!笑




立派な腹ペコあおむし(多分アゲハ蝶の幼虫かな)がお気に入りの場所♪
昔はウチの庭の金柑の木にもよく居たのだけど、今は見かけない。
触ると確かお尻からオレンジ色のツノを出して、嫌な臭いで敵を追い払うのです。
薬や科学肥料など使ってなければ、その作物(植物)を好む虫は何処からか自然とやってくるんですね。また会えて嬉しい。


農業というか、植物を育てるのに大切なのは、人もそうだけど、共生なのだな〜と思いました。
自分だけ上手く育つ、なんて確かに不自然なことだし、そこから出来た種も、不自然だからずっと続いては生きられないのかー。
とても、納得、勉強になりました。
誰かが開発した種(よく育つ科学肥料とセット売りの)でしか作物を作れない日が来たとしたら...残念なことですよね。





娘へお土産に、いただいたズッキーニ。可愛い。




これは、翌日、娘の、習い事先のビルにある、カフェゴッコさんで売っていた、スペインの茄子。

はるもにあさんのズッキーニと、ゴッコさんのナス、ウチの両親の家庭菜園のトマトで、夏野菜パスタをこしらえたら、感動の美味さでした!


今度は、はるもにあの畑から出荷された野菜が販売されている、滑川市の とみや さんにも行きたいし、娘とまた畑を見学に来たいです。


とても暑くなって来たので、畑仕事は大変!
これからも気をつけて、楽しくがんばってください♪



あ、後でLINKちゃんと貼らなきゃ…。

2015-04-12

素敵なあの方に、お手紙を。



今年の春の富山は、曇り空が多いです。



今年に入ってから、自分にとって、直接、或いは人を介して知らず知らずのうちに、とてもお世話になり、良い影響を与えてくださった、素晴らしい方とのお別れが続きました。



直ぐに訃報が届いて知ったり、数ヶ月経ってから知ったり、様々な形で、その方々とのお別れは、それでもやっぱり突然すぎて、只々ショックを受け言葉を失うものでした。
とても一言でとか、出来る程のまとまった言葉は出てこなくて、そしてたくさんの思い出を語れるような、親しい仲の友人などというのとも違っていました。
どの方も、何度か、もしくは1度しかお会いしたことはありませんでした。


ご職業も、おいでになった環境も、亡くなってしまった年齢も理由も、様々で、ただ、どの方の生き方もすごく尊敬出来る、本当に多くの人々に愛されていた事が共通していて、とても、とても素晴らしい方だったのでした。
それぞれが創られたものも、もちろん私だけでなく本当に多くの人に影響をあたえています。


なぜ、そんなに素晴らしい方ばかりが...?
と、訃報を受け取った時は悔しく残念に思ってしまうのですが、
ご本人たちは、その長くも短くも、限られた命の中で、大好きな事を全力で、只々一途にやってこられたことを思うと、
肉体がなくなったことは単なるひとつの区切りでしかなく、これからも変わらずに、大好きな事に邁進されているに違いない。。。と、確信せざるを得ません。



次の場所で、或いは新しい命となって、ますます美しく、ピカピカ輝いて、またいつか私たちがそれを見つけて、
やっぱり!あなただ。
って、思うに違いないのです。


その時のあなたは、昔の懐かしいあなたでもなくて、きっとまた新しいあなたなのじゃないかな、と思っていて、
私はその時いったいいくつなのか、生きているのか、いないのか、日本も世界もどうなっているのか全くわかりませんが、私もその時はいちばん新しい私として、尊敬するあなたにお会い出来たら、きっととても嬉しいだろうなぁ。。。と心から思います。


どの方も、とてもお優しく強くて、心から皆のことを想ってくださっていて、ユニークだけどとても自然体で、とにかく平和がいちばん、と思っていらっしゃった。
それぞれの方が創り、大切に育てられたものにも、それらがにじみ出ていました。



誰にとっても限りのある一生の中で、そんな素敵なあなたに出会うことが出来て、心から感謝しています。
改めてまた、あなたのように、自分が愛するものをもっと大切にしていかないとな、、、と思いました。



本当にありがとうございます。



また、どこかで、お会いしたいと
きっとお会い出来るのでは、と思っています。







2014-05-28

生まれた日、みなさん本当にありがとうございます(^O^)



今日は誕生日でしたが、毎年何故か誕生日は忙しくてゆっくり楽しんでいられない事が多いのだけど...
なので写真も誕生日っぽくはないですが、今日はものすごくよく晴れて景色も綺麗でした。しかし暑かったですね。


今日は本当にたくさんの方からお祝いのメッセージをいただいて、とてもとても嬉しいです*\(^o^)/*
ありがとう!
元気で、またこの日を迎えられて、感謝の気持ちでいっぱい。


この1年も、やりたいことがたくさんです。
全部出来るかわからないけど、娘とともに1日1日を楽しんで過ごしたいです。


自分への誕生日プレゼント、というか、やりたい事のひとつは、これ( ̄▽ ̄)




ウクレレ。ずっと欲しかったのだけど、なかなかコレかな!っていう子に出会えないし、田舎だからなかなか楽器屋さんに行けないしで、購入がのびのびになっていた。
でもようやく届いたのは実は4月のはじめ。
Luna というところのです。
もちろん、娘も触りたがるのでお高いのは買えません。
5月はもうとても忙しいのがわかっていたので、少しだけ余裕のあるウチにちょこっと弾いてみました。


届いてすぐ、こんな私でもなんとか数曲弾ける楽器ってT_T
なんでもっと早く始めなかったんだろ。
いや、ちっとも簡単だとは思いませんが。
...それは、去年頑張って新しいマンドリン(ちゃんとまともに音が出るもの^_^:)を買ってしまったのもあります。
ある程度弾けるようになってからこのこを紹介しようと思ってたけど、今年の誕生日についてというと、これだったので。


ライブ等でウクレレを弾いて歌うには当面時間かかりそうですが(~_~;)
この1年は弾き語りを少しずつしてみたいな〜(かなり昔を思い出しつつ)


と、思っています(⌒-⌒; )


気ながに。




2013-09-20

お月見散歩

image.jpg

ブログにはかなり久しぶりに書きます。
なんか、6月にiPhoneにしてから、このブログの使い勝手とあまり相性が良く無いのか、慣れないからだったのか、上手くアップ出来なかったりで、ここしばらく近況はFacebookにばかり書いてましたm(_ _)m
最近はケータイから書き込むことが多いです。


今夜は中秋の名月ですね。
こないだのブルームーンの時は残念ながら富山は曇り空だったけど、今夜は雲ひとつない夜空です。



写真は18時頃、私が自宅に帰りつく前に街中の交差点から撮ったもの。
何だかお日様みたいだけど出たばかりの大きな月ですよ。

お月見団子は先日の週末に氷見のおばあちゃん(娘にとっては曾祖母)にご馳走になったので、今夜は夕食後に娘とお月見散歩をしました。
今夜のような月を見ながら出て来る歌ってなんだ?
と、思いつくまま口にしたのは、娘が一緒に歌える、
「兎うさぎ、何見てはねる、十五夜お月さま見てはねる」(あれ?曲名は十五夜お月さまだっけ?) でしたが、
和音階ってやっぱりいいわ〜
としみじみ思いました。


他には、「月亮代表我的心」という中国の歌謡曲を思い出しました(^^)
学生時代に中国語の授業で習って気に入ってよく歌ってたなぁ。
20歳の時にしばらく中国へ行ってた時、ちょうど中秋節のお祭りも観たのもこれまでで最も印象深い月夜のひとつかな。
あの時はおもちゃの二胡を一生懸命練習してました(^^;;
李香蘭の「夜来香」や「上海バンスキング」にいちばん影響を受けていた頃です。
懐かしい。


話は月夜の散歩に戻って、今夜の月光は特別明るく強くて、星が見えにくいくらいですね。
自宅裏の川や地面の石が反射してキラキラ輝いています。
娘は満月も嬉しいのだけど、月にキラキラ光る石を拾いたくて仕方ない様子。
でも、拾い上げるとただの石なのです。
「不思議だね〜」と、次々拾ってみています。
反射について話してみるけど、拾い上げるとなぜ光らないのかがイマイチ分からない。
素敵な楽しみ方です。




その後、夜中起き直して窓辺で月光浴しました。
またその時の事も書けたらな。








プロフィール

水林 史

  • Author:水林 史
  • 富山県、上市町 出身。
    戦前から続く富山の薬売りと東京で銭湯を営んでいる一族のもとに生まれ育つ。
    大学時代より東京〜横浜などでスウィングジャズと日本語ジャズを中心にライブ活動を開始(1999年〜)。

    作詞作曲に目覚め、初主催ユニット「ギヤマン」を結成(2001年~2002年)、明治大正時代の文化や竹久夢二の描く夢二式美人に憧れがあったことから「黒船レディ」と名乗り始める。古き良き時代の洋楽を自作の日本語詞でも歌う。

    2003年ジプシースィングギタリストのキヨシ小林氏の1stアルバム「Django Swing」にボーカルで参加、「上海」「胸の振り子」などのカヴァーで注目される。
    同年、自身が主宰のバンド「黒船レディ と 銀星楽団」を、ピアニストの廣田ゆり氏、ギタリストの塩川俊彦氏と共に結成。
     
    軽やかでほのぼの、ちょっぴり切なくスウィンギーでハッピーな気分にさせる歌が得意。
    スウィングジャズやラテンのリズムをベースに、ユニークな世界観をもり込んだオリジナル曲から、古いジャズソングに自身が日本語で作詞したもの、日本やハワイの古き良き時代の流行歌のカバーなど、日本語で歌うことにもこだわっている。


    「黒船レディと銀星楽団」ではライブハウスの他にホテルやBAR、横浜港の船上、人形劇場から神保町の古本屋まで様々な場所で演奏。3枚のアルバムとライブDVDを発表、TV番組挿入曲や海外のCMにも起用される。
    2009年末で「黒船レディと銀星楽団」及びバンド活動休止。

    育児休暇を経て、2011年〜2017年までアコースティックユニット「girafe」にボーカルで参加、アルバム「春のスケッチ」を発表。

    2012年〜活動拠点を出身の富山県に移し、ゆっくりソロ活動も開始。県内外のミュージシャンと共にライブハウスやカフェ、古本屋、保育園などで演奏、おとなとこどもで楽しめる企画「HOWA-HOWA-HOUR」も誕生。
リンク
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSリンクの表示